独身男女のマイホーム購入

今では、ファミリー世帯だけでなく、独身の方のマイホーム購入の割合も増えてきています。

人それぞれいろいろな理由や動機、きっかけなどがあると思います。

カーディフ生命保険が実施した、
「住宅購入した未婚男女の意識調査」という調査があります。

※20~59歳までの全国2196人の男女が対象(2017年10月実施)

こちらの調査結果を参考にしながら、
独身男女のマンション購入で後悔しないためにどういった点い気を付けるべきかまとめました。

住宅購入した独身男女の意識調査

まず、住宅を購入した理由は以下のようになっています。

独身でマイホームを購入した理由

住宅購入理由

この表にはありませんが「金利や税制などが有利で買い時と思った」という理由も挙げられています。

将来不安の裏返し

独身の方に限らずですが、収入の見通しや年金制度など将来に対する不安を多くの方が持っています。

  • 家賃がもったいない
  • 老後の安心のため
  • 資産として残る

といった理由は、将来に対する不安の裏返しのようにもみえます。

独身者に限らずですが、将来不安の中で「住まい」をどうするかは切実な問題です。

日本の(50歳時)未婚率も上昇傾向にあるなか、独身であるから賃貸で良いといった、従来の考え方で判断されない人も増えているようです。

資産を増やす・減らさない手段として

また、将来の年金収入に不安があるなか、家賃を払い続けるより低金利を利用して将来の住居を確保しようと考えるのはある意味当然かもしれません。

マイホーム購入は不動産投資の側面を持ちます。

独身の方はファミリー世帯以上に、投資手段としてマイホーム購入を考える方が多いです。

マイホーム購入時の年収

購入時の男女別の年収です。

住宅購入時の年収

男性の4人に1人、女性の3人に1人が400万円未満の年収で購入されています。

購入した住宅の間取り

購入した間取りを男女別にあらわしたものです。

購入した間取り
購入した間取り
ワンルーム・1K3.4%3.1%
1LDK18.9%8.1%
2LDK35.0%22.0%
3LDK32.8%41.6%
4LDK6.8%22.0%
その他3.1%3.2%

間取り、床面積が大きくなると、基本的には価格も高くなり、住宅ローン借入金額も増える傾向です。

マンションの場合、管理費や修繕積立金も専有面積で変わります。

その中で、3LDK以上の間取りを購入した割合が、

女性42.7%なのに対し、男性66.8%に上ります。

男女の収入の差という側面もあるかもしれません。

ただ、購入理由でも、

「家賃を払い続けるのがもったいない」
「老後の安心のため」

女性が男性よりかなり多いです。

これらの結果をみると、

女性のほうが男性と比べ、より現実的、合理的な判断でマイホーム購入を考えていると思われます。

住宅ローン返済への不安

住宅ローン返済への不安

住宅ローン返済について、
男女とも4人に1人が不安と答えています

加えて「やや不安を感じる」方が35%前後ですので、男女とも住宅ローン返済に対する不安は一定程度あります。

住宅ローン返済に不安を感じる理由

住宅ローン返済への不安の理由

その住宅ローン返済に不安を感じる理由として、

  • 病気やケガ
  • 収入減
  • 勤務先の倒産や失業

など、これらは単身者に限らず、ファミリー世帯の住宅購入にも当てはまることです。

ただ、ファミリー世帯では多少なりとも夫婦で補完し合える点もある一方、単身者の場合、完済までの不安感は大きくなるのかもしれません。

【関連記事】
住宅ローンをいくら借りる? 年収だけでなく購入時の年齢で返済負担率を判断


【NG!】家を買う不安・将来の不安を感じたままの住宅購入

神戸阪神間の不動産仲介

独身マのイホーム購入で後悔しないために

独身 マンション 購入

「家を買う前にやっておけばよかったこと」の調査結果です。

購入前にやっておけば良かったこと

住宅購入前にやっておけばよかったこと

団信特約を付ければよかった

住宅ローン返済に対する不安の裏返しとも考えられますが、4人に1人が病気やケガの場合の保険を付けておけばよかったという後悔をしています。

ただ、団信特約を検討する上で、給付条件と保険料をしっかりと判断する必要があります。

団信特約は、契約時にしか申し込めない反面、(生命保険と異なり)途中で解約することができない商品が殆どです。

他の保険での代替手段も含め、団信特約をつけるべきかの判断が必要です。

【関連記事】
3大疾病・8大疾病!住宅ローン、団体信用生命保険の特約って必要?

より多くの住宅ローンを比較すればよかった

住宅ローンを決めるといっても、金利だけではなく、返済方法や返済期間、団信特約などを総合的に判断しないと選択を間違います。

また、住宅会社や不動産会社提携商品だけで決めると、他にそんな方法があったのかという後悔をする可能性が高くなります。

特に、独身の場合、貯蓄や購入物件、予算の考え方は、本当に人それぞれです。

それによって、選ぶ住宅ローン商品、返済プランは大きくことなります。

【関連記事】
【初心者もOK!】住宅ローンの選び方の手順と要点を分かりやすく解説


住宅会社?FP?住宅ローンを誰に相談する?~表面上の金利だけで比較すると後悔するかもしれません~

税制など金融知識をつけておけばよかった

住宅購入に関する税制には、さまざまな特例や優遇措置があります。

特に、経済的影響が大きいのは住宅ローン控除です。

・住宅ローン控除が利用できるか否か
・住宅ローン控除が利用できなくても、

 できる方法はないか
・住宅ローン控除額を最大活用できる返済方法は


といった視点で考えると、物件選びも住宅ローン選びも変わる場合があります。

【関連記事】
住宅ローン控除とは?要件や期間、控除額についてわかりやすく解説


2022年以降住宅ローン控除はどうなる?~2021年(令和3年)度税制改正から~

資産価値についてもっと検討すべきだった

購入した家に住む必要がなくなった場合、そのままだと、固定資産税や管理費、修繕積立金など維持費もかかるだけです。

そういった場合、家を売却したり賃貸できるか否かに影響するのが、不動産の資産性です。

ファミリーの場合以上に独身でマイホーム購入をする際は、将来の資産価値にはこだわるべきです。

【関連記事】
▶高値で買わない!中古マンションの相場の調べ方~売出価格と成約価格の違いは?~

立地条件をもっと検討すればよかった

立地条件は、資産価値に最も影響する要因です。

マンションの資産価値は、立地条件と管理状況次第といっても良いです。

また、年齢を重ねていったときに、交通利便性や生活利便性はより重要になります。

ファミリー世帯でも、年齢を重ねて、子どもが独立して、郊外の一戸建てから駅近くのマンションに住み替える方も少なくありません。

立地条件は、ライフプラン含め長い視点で考える必要があります。

【関連記事】
マイホームをどこに購入する?~将来の資産価値にも影響する立地適正化計画とは!?~

住宅購入後の気持ち・行動の変化

最後に、家を買ったあとの気持ち、行動の変化についての調査結果です。

住宅購入 満足

マイホーム購入で将来に対する安心感を持ち、それによってより積極的に行動をすることができることは、住宅購入に大きな意味があります。

ただ、一方で、マイホーム購入には不安や後悔もあります。

抽象的な言い方になるかもしれませんが、独身者の方は特に一般的な情報以上に

自分にあった物件選び
・自分にあった住宅ローン選び


が必要になります。

そのためには、マイホーム購入する動機や理由は重要ですし、住宅購入の経済的負担やリスクをどこまでとるかという判断も重要です。

マイホーム 不安 相談
マイホーム予算物件診断