どのタイミングで家を買っているか?

家をどのタイミングで購入されているのでしょうか。
ここでは、年齢と購入時の世帯収入、ライフイベントで見てみました。

年齢的に家を買うタイミング

下記は、国土交通省による住宅一次取得者(初めて住宅を取得した人)の平均年齢です。

新築住宅を購入者の平均年齢が40歳以下なのに対し、中古マンション、中古戸建て購入者の平均年齢が45歳前後と5歳程度高くなっています。

購入する住宅平均年齢
注文住宅38.9歳
分譲戸建て37.4歳
分譲マンション39.3歳
中古戸建て43.8歳
中古マンション45.0歳
※注文住宅は全国、それ以外は3大都市圏を対象

令和2年度 住宅市場動向調査(国交省)

フラット35利用者の調査

次に、フラット35の利用者についての調査結果です。
住宅購入年齢の平均は、40.3歳になっています。

購入住宅別の平均年齢は以下の通りです。

購入する住宅平均年齢
土地付注文住宅37.6歳
分譲戸建て39.3歳
分譲マンション42.8
中古戸建て42.5歳
中古マンション42.4歳

国交省の調査と同様、中古住宅を購入される方の年齢が高い傾向です。

家を買うときの世帯年収はどれくらい?

下記は、住宅一次取得者(初めて住宅を取得した人)の平均世帯年収です。

世帯年収ですので、配偶者や同居の方の収入を含めた数字です。

購入する住宅平均世帯年収
注文住宅695万円
分譲戸建て681万円
分譲マンション864万円
中古戸建て657万円
中古マンション657万円
※注文住宅は全国、それ以外は3大都市圏を対象

概ね世帯年収700万円前後ですが、分譲マンション購入者が高い傾向にあります。

一方、戸建てに関しては、新築を買われる方の年収と中古を買われる方の年収に大きな差はありません。

フラット35利用者の調査

同様に、フラット35利用者の購入時の世帯年収です。
2020年度フラット35利用者調査

購入する住宅平均世帯年収
注文住宅635万円
分譲戸建て557万円
分譲マンション789万円
中古戸建て495万円
中古マンション586万円

フラット35利用者調査については、概ね世帯年収600万円前後で購入されており、国交省の調査結果と同様、分譲マンション購入者の世帯年収は他より高い傾向です。

年収倍率

また、フラット35利用者の調査で年収倍率があります。

年収倍率は、住宅所要資金÷年収の値
つまり、年収の何倍くらいの住宅購入資金となっているかをあらわすものです。

購入する住宅年収倍率
注文住宅7.4倍
分譲戸建て6.8倍
分譲マンション7.0倍
中古戸建て5.5倍
中古マンション5.8倍

新築住宅を購入される方の年収倍率が、中古住宅購入者より高い傾向です。

これらの調査結果を概ねではありますが、まとめると以下のようになります。

・新築住宅購入層の年齢が35~40歳
・中古住宅購入層の年齢が40~45歳
・中古住宅の購入層は収入に対して予算を抑えている
・新築と中古のマンション購入層の世帯収入には差が見られる
・新築と中古の戸建て購入層は、マンションほどの収入の差はみられない


購入時の年齢は、リタイアまでの総収入に影響します。

ですので、購入予算や住宅ローン返済計画に影響するのはある意味当然ともいえます。

【関連記事】
【事例】住宅購入する年齢・家族構成・購入物件でマイホーム予算はどう変わる?

ライフイベントで見た家を買うタイミング

マイホーム購入は、人生における住環境と住宅資金を決める大きなライフイベントです。

様々な調査で、マイホーム購入のきっかけとして多いのは、

  • 子どもの誕生・成長
  • 子どもの進学
  • 結婚、妊娠

など、家族構成の変化、子供の成長です。

家族が増える(増えた)タイミングで、家の広さや間取り、周辺環境、進学含めた住環境を将来にわたって考える方が多いと考えらます。

厚生労働省の「人口動態統計」によると、
出生時の母親の平均年齢は、

第1子出生時:30.7歳
第2子出生時:32.6歳
第3子出生時:33.6歳


となっています。
平成28年「人口動態統計」(厚生労働省)

奥さまが30歳前後で出産等を迎える時期から、マイホーム購入についても検討を始める方が多いといえます。

【関連記事】
住宅購入で後悔したくない・決断できない人はライフプランを作成‼

住宅ローン金利水準からみた
マイホーム購入のタイミング

前述の住宅市場動向調査をみても、住宅を取得した人に与えた経済的要因で最も大きいのは金利の状況となっています。

購入の判断において、住宅ローン金利の低さが大きな要因となっています。

変動金利等の金利状況

下のグラフは、
住宅ローンの変動金利や固定金利期間選択型(10年以下)金利の基準となる基準金利の推移をあらわしたものです。

この20年以上基準金利は大きく上昇することはなく、住宅ローン金利は過去に例をみないほど低い水準にあります。

住宅ローン金利動向

ただ、基準金利が今後も低い水準で推移するか予測することは困難です。

確かに、現在の経済状況を考えると、近い将来の景気回復に伴う物価上昇、金利状況は考えにくい状況です。

ただ、20年、30年と続く住宅ローンの返済期間中、金利が上昇しない保証はありません。

ですので、金利上昇した場合の影響も考えながら、予算設定や住宅ローン選びをすすめる必要があります。

【関連記事】
住宅ローン金利見通しよりシミュレーションが大切
 ~借入金額で変わる金利上昇の影響~

フラット35(全期間固定)の金利状況

一方、下のグラフは全期間固定金利のフラット35の最低金利の推移を示したものです。

そして、そのフラット35の金利のベースになる新発10年もの国債利回り(いわゆる日本の長期金利)の推移をあらわしたものが下図です。

この5年間、金融政策もあいまって、概ね0%から0.16%、一時的にマイナス金利という世界的にも歴史的にも低金利状況が続いております。

その結果、長期金利に連動する全期間固定もしくは固定期間選択型の商品でも、10年以上の固定期間のを選択する場合、低金利の恩恵は受けやすいタイミングであるとはいえます。

住宅購入のタイミングが重要なわけ

家を買うタイミングは、一人一人いろいろな状況で迷いや不安もあるかと思います。

ただ、基本的には、

家を買うと決めたのであれば早い方が良いです。

それは購入する年齢は、予算や住宅ローンにも影響するからです。

マイホーム予算に影響

住宅を購入する年齢によって、リタイアまでの期間や以後の総収入は変わります。

年収が同じ場合、基本的には購入時の年齢が早い方が、その後の収入から住宅資金、維持費にまわせるお金が多くなります。

そして、ライフプランをつくると分かりますが、
購入時の住宅用資金や家族構成にもよりますが、年齢が予算に与える影響は意外と大きいです。

マイホーム購入後も将来の教育資金、老後資金を確保する必要があります。

ですので、マイホーム予算は、購入時の年収や返済負担率だけで判断するべきではなく、年齢も影響するということです。

【関連記事】
住宅ローンをいくら借りる? 
 年収だけでなく購入時の年齢で返済負担率を判断


頭金なし住宅ローンで後悔しないための3つのポイント

住宅ローン選びに影響

金融機関の住宅ローンの完済年齢が80歳未満としても、現実的には年齢とともに変化する収入見通しを踏まえて判断する必要があります。

特に、年齢に対してお子様が小さい、人数が多い場合収入見通しと教育資金の準備、住宅ローン返済をしっかりと考える必要があります。

また、住宅ローンの団体信用生命保険の特約なども、年齢によって上乗せ金利が異なる商品もあります。
(年齢が高ければ保険料が高くなるのと同じ考え方です)

まとめ

家は大きな買い物ですので、購入するかどうかを迷われたり、いろいろと考えているうちに1年、2年と時間が経過してしまったという方もいらっしゃいます。

家を買うタイミングは予算や住宅ローン商品、ひいては物件選びにも影響します。

ですので、大切なことは、

そのタイミングで購入する予算、住宅ローンなどを間違わないことです。

そのために、ライフプランなどを作成してできるだけ長期の視点でマイホーム購入を判断することが大切です。

【関連記事】
マイホームで予算オーバーとならないために
 一番重要な年収・世帯収入の見通し


3大疾病・8大疾病!住宅ローン、
 団体信用生命保険の特約って必要?


住宅ローン返済、本当になんとかなる?
 ~後悔しないために知っておきたい3つの返済状況~


マイホーム計画中の方へ
 ~10年後の住宅ローンや保証、家計はどうなる?~

住宅購入 相談
https://housing-you.com/