日本とアメリカのマイホームに対する価値の違い

下のグラフは、「リクルート住まい研究所」さんの消費者調査から引用させて頂いた、『日本とアメリカの住宅に対する価値観』についてのアンケート結果です。

 

住宅に対する価値

※リクルート住まい研究所消費者調査から引用

 

こうやってみると、マイホームの価値に対する感じかたもいろいろですね。

 

この中で、日本とアメリカで大きく異なる点の1つが、『家は資産として有利な投資対象である』という項目。

日本が37.1%に対し、アメリカは87.2%の人が価値を見出しています。

家の資産性や投資対象として見る目は日米でかなり違いますね。

これは、アメリカでは家を住替えることが当たり前であるのに対し、
日本では、住み替えをマイホーム購入時に考えるという発想自体がまだ少ないことも影響しているかもしれません。

 

同じリクルートさんの調査で、生涯の持家回数は、日本1.8回に対し、アメリカ2.8回。
平均で1回は持家を住替える回数が違っています。

これは中古住宅売買が中心のアメリカ新築住宅が中心の日本というマーケットの違いも影響しています。

マイホームを買い替えることが多いということは、住宅を購入すると同時に、売却することに対する意識も高いのだと思います。

ですので、資産価値をできるだけ維持するためのリフォームなど維持管理についてもアメリカのほうが意識が強いと聞きます。

また、日本とアメリカで大きく差がある点は、

『家は仕事の疲れを癒す休息場所である』
『家は家族が団らんする場所である』という項目です。

それぞれに対して、日本が95.3%、95%と殆どの人がそう思うのに対して、

アメリカは、55.4%、54.1%。逆に言うと、2人に1人そこに価値を見出さないということです。

 

こういった結果をみると、家に対する日本とアメリカの文化や価値観の違いを感じます。

これは、家をどれくらい資産や投資対象として見るかという考え方の違いから来ているようにも思えます。

 

日本におけるマイホーム購入

日本では、ファミリー向けの賃貸住宅も設備や仕様の低さはおいといて物件数はそれなりにあります。

その中で、家を購入することは、1生に1度あるかないかの買い物であり、「住環境」や「住み心地」としての価値に重きを置いている、

また、新築で購入することが多いため住宅にかける費用も一定程度は受け入れやすいこともあるように思います。

 

アメリカにおけるマイホーム購入

アメリカの場合、ファミリー向けの賃貸住宅は、日本ほど多くないようです。

また、中古住宅の売買が中心で、買い替えを前提とする分、住み心地や住環境に対する価値は日本ほど求めず、資産や財産としての価値が占める比重が大きいように思えます。

また、マイホーム購入にかけるコストも、将来の買い替え(資産性)を考えて、コストダウンの意識も強い…

 

どういった価値を重視して物件選びをするか?

 

アンケート調査から勝手に比較してますが、
マイホームに対する価値としてどういった部分を重視するかは、これから住宅を購入する人の判断として重要になってくると思います。

・少子高齢化・人口減社会…
・中古住宅の流通促進…
・コンパクトシティ化の促進…
・働き方や生活の仕方の多様化…

こういったことを考えると、住宅の資産性や買い替えのしやすさが、これまで以上に物件選びの重要な判断要素になると思われます。

なかなか将来の資産性を判断するというのも難しいものですが、
物件選びで迷った際、どちらが資産価値を維持しやすいかという比較はある程度できます

 

いずれにしても、マイホームに対する価値はいろいろとあります。のちのち後悔することのないよう、

・住宅がもつさまざま価値を理解し、
・自分にとってどういった価値が重要か

ということを考えて購入すべきではないでしょうか。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
あなたの住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表
から算出する無理のない購入予算と物件選びを把握する
「マイホーム予算・物件診断サービス」は、こちらから

マイホーム予算・物件診断サービス

 

資産を残すマイホーム購入術
無料メルマガ講座

※メルマガの解除はいつでも可能です。
※頂いた個人情報は、弊社からの情報提供のためのものです。その他の目的に使用することはありません