自分に合う商品の選び方

服を買おうかなというとき…

  • どのブランド?
  • どの店で?
  • どんな服を買おうか?

など考えますよね。

そして、これという商品が決まっているときは別として、いくつかの商品を比較しながら、「自分に似合ってる!?」か確かめながら決めるのではないでしょうか。

そして、その服が自分に似合ってるか確かめたいときに、

①店員さんの意見を求めたり…
②一緒にいる友達や家族に見てもらったり…
③試着し、鏡で見ながら…

などで買うかどうか判断するのではないでしょうか。

 

家を買うとき、多くの方は住宅ローンを利用します。

服と住宅ローン…全く違う商品ですが、服を選ぶときと同じように、その住宅ローン商品が自分に合うか確認しなければなりません。

住宅ローンを決める場合に置き換えてみる

店員さんの意見を求めたり、参考に…

住宅ローンの場合、店員さんは、金融機関や家を建てる住宅会社、工務店の担当者、物件を仲介する不動産会社の担当者になります。

こういった住宅のプロの意見を参考に多くの方は決めています。

ただ、このとき、注意しなければならないことがいくつかあります。

  • 売り手の立場からのアドバイスにならざるを得ないこと
  • 提携する特定の住宅ローン商品を薦められること
  • 借入ができても、無理なく返済できるかは考えてもらえないこと

つまり、あくまでも売り手の立場から家を買ってもらうためのアドバイスが前提とならざるを得ないので、それがあなたにふさわしいかどうかは必ずしも分からないということです。

友達や家族の意見を聞きながら…

住宅ローンを選ぶときも、もしかしたら

  • 家族に相談したり、
  • すでに家を購入した友達に意見を求めたり、

することもあるかもしれません。

しかし、住宅ローンを決めるといっても、実は決めることは多くあります。

・借入金額をいくら?
・返済期間を何年にするか?
・金利タイプは変動?固定?ミックス?
・返済方法は元利均等?元金均等?
・ボーナス返済はどうする?
・住宅ローン控除を最大限活用する方法は?
・借入する金融機関はどこにする?
・繰り上げ返済含め返済計画をどうする?
・団体信用生命保険※はどうする?

※「団体信用生命保険」とは、住宅ローン返済中にローン契約者が死亡または高度障害になった場合、本人に代わって保険会社がその時点の住宅ローン残高に相当する保険金を債権者に支払い、ローンが完済となる制度(保険)

正直ここまでしっかりと考えられて住宅ローン商品を決めている方は少ないです。

ただ、これらのことを家族や住宅購入経験者の方に相談してもなかなか難しいところがあります。

収入や支出、貯蓄や年齢によっても変わる

また、これらを決めるにしても…

1人1人のご家族の、

・収入や支出の状況、貯蓄状況
・購入時の年齢
・お子様の教育費や老後
・購入後の人生設計

などが関係します。

家族や既に住宅を購入し、住宅ローン返済中の友達でも、あなたの家計の状況まで理解した上でアドバイスをすることは難しいでしょう。

また、住宅ローンの適用金利は毎月変わります。住宅ローンが適用されるタイミングに、一番有利な商品を選ぶことが重要です。

友達やご家族は、あなたのためにアドバイスをしてくれるかもしれませんが、それが一番ふさわしい選択かは分かりません。

つまり、住宅ローン商品を決めるときに、本当にあなたの状況を理解して、相談できる相手を探すのは難しいということです。

試着してみて、鏡を見て決める…

服を買うときの試着、見た目も着心地も確認できるので一番間違いのない選び方だと思います。

そして、これを住宅ローン選びに置き換えると、

住宅購入後のライフプランやキャッシュフローを作成(シミュレーション)して決める

ことではないかと思います。(ちょっと強引!?)

もう少し具体的にいうと、

住宅購入後の家計の収支、住宅ローン残高や貯蓄の推移などを客観的な数字で確認しながら住宅ローン商品を決めるという方法です。

少し分かりにくいかもしれませんが、有利な住宅ローン商品を選ぶ上で、

「どこまで金利が上昇した場合のリスクをとれるか」

が1つの大きな判断基準になります。金利変動のリスクがとれるほど、より有利な住宅ローン商品を選ぶことができるからです。

そして、どこまで金利変動リスクをとれるかは、住宅購入後のライフプランやキャッシュフローを作成することで知ることができます。

つまり、服を試着して鏡で、サイズやデザイン、着心地を確認するように、住宅ローン商品を選ぶ時も、住宅購入後の生活をシミュレーションすることによって、

  • 借入金額(服のサイズ?)
  • 金利タイプ(服のデザイン?)
  • 家計の状況(着心地?)

が問題ないかを確認して決めるということです。

服と住宅ローンの違い

服の場合、サイズが合わないと着心地が悪く、最悪の場合、二度と着ないなんてこともあります。

ただ、住宅ローン選びを間違って、やりたいことを我慢したり、極端な節約生活になり、家計的に生活が苦しくなっても、服と違ってその家に「住まない」という選択肢はありません。

住み心地が良かろうが悪かろうが住宅ローンの返済は続きます。

住宅ローン商品選びの難しいところは、

  • 返済が長期に及ぶこと
  • 金額が大きく、家計全体に影響を与えること
  • ほとんどの方は、初めての経験であること

です。

長い年月をかけて支払っていく以上、その時間を考えた「商品選び」を実践すべきと思います。

その1つの方法が、住宅ローンを決める前にライフプラン表やキャッシュフロー表を作成することです。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
あなたの住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表から算出する無理のない購入予算と物件選びを把握する
「マイホーム予算・物件診断サービス」は、こちらからマイホーム予算・物件診断サービス

※リモートによる面談も対応させて頂いております。

資産を残すマイホーム購入術
無料メルマガ講座

※メルマガの解除はいつでも可能です。
※頂いた個人情報は、弊社からの情報提供のためのものです。その他の目的に使用することはありません