住宅ローンの返済が厳しくなれば、売却すればいい!?

以前、予算診断サービスを受けて頂き、
その結果を説明させて頂いているときに
相談を受けたのですが…

その前にちょうど見に行かれたマンションを
気に入られたとのことでした。

予算的にこれくらいですがどう思いますか?

と相談を受けました。

その物件の価格は、
お客様が当初考えられていた予算より
800万円ほど高い価格でした。

そして、
予算的に大丈夫かを知りたい、
ということで予算診断をさせて頂いたんですが、
正直、その予算では厳しいという結果に
になりました。

そして、
住宅購入後の家計の状況や貯蓄推移など
見て頂きながら、正直に

「その予算は正直厳しいと思います」

とお答えしました。

 

ただ、
そのマンションが気に入られたご様子で…

仲介会社の人から、
「購入後、万が一住宅ローンの返済が難しく
なった場合は、売却して賃貸マンションに戻る
こともできますよ」

と言われようで、

「そういうこともできるんですかね」

と聞かれました。

 

物件の所在地や築年数など物件の概要を
お聞きしましたが…

正直なところ、

・売却は難しい!?
・仮に買い手がついても、その時点の
住宅ローン残債を完済できる金額での売却は難しい

と思われたので、

それは、不動産会社のセールストーク
考えたほうがよいと思います、

とお答えしました。

そもそも購入予算として高すぎると思いましたが、

「支払いがきつくなれば、売却して賃貸マンションに戻る」

って、なかなか簡単に言えることではないです。

 

立場が違うと目指すものも違う!

ときに買主さんは、気に入った物件があると、
予算的なハードルやそれまで考えていた自分の
条件を変えてでも「買える理由」「買う理由」
を求めてしまったりします。

そんなところに、
業界のプロからの情報やアドバイスならびに
セールストークが入ると、
飛んで火にいる夏の虫ではありませんが…

「お買い上げ」ということも珍しくはないと

思います。

それくらい気に入った物件の洗脳は、
他の商品より強いように思います。

もちろん、
すべて自分の条件に合う物件を見つけること
は難しいですし、
その時期に市場に流通している物件に中から
気に入った物件と出会えるのは縁でもあります。

なので、
決断するときは決断しなければ、
住宅購入なんてできないわけですが…

ただ、マイホーム購入に関わる人たち…
当たり前ですが皆さん立場があります。

・仲介会社は仲介することが目的
・住宅会社は販売することが目的
・銀行は融資をすることが目的

であるわけで、
そのための仕事をすることは
至極当たり前です。

さらに言うと、

購入する人が、

 ・無理なく住宅ローンの返済ができるか?
 ・購入後、のちのち売却できるかどうか?
 ・売れるとしても、いくらで売れるか?

ということは関係ありません。

そのときに、売れること・仲介することが
GOAL…です。

住宅購入だけでなく、購入後の生活も自己責任

私自身も、買ったはいいけど全然使わない~
という「もの」や「服」などは
これまでいろいろありました。

ただ、「服」や「もの」はまだいいんですが、

住宅は、
「気にいらない」「維持できない」…

なので「買い替える」ということが簡単に
できるものではありません。

また、
金額の大きさや返済期間を考えると、
失敗した場合、
人生そのものに与えるインパクトが
大きすぎます。

万一

・支払いがきつい、支払いができない
・売却したくてもできない
・できても住宅ローンが完済できない

リスクは当然ですが購入者が負います。

なので、

自分にとって本当に必要な情報や提案か
ということをよく見極め、判断しないと、
あとあと後悔することになります。

そうならないために、
住宅購入に必要な知識を勉強する
ことも必要です。

同時に、
いろいろな情報や提案、アドバイスを
受けるなかで、

「それが自分に必要な情報や提案か」

という視点で
客観的に冷静に判断することが大切です。

そして、何よりも

住宅購入そのものを目的とするのではなく、
住宅購入後の生活を目的とする

意識が大切なのではないかと思います。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
あなたの住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表
から算出する無理のないマイホーム購入予算を把握する
「マイホーム予算診断サービス」は、こちらから

マイホーム予算診断サービス