フラット35は団信なしもOK

団体信用生命保険(以下団信)とは、

住宅ローン契約者が万一死亡もしくは高度障害になった場合に、残された家族に住宅ローンの負担が残らないようにする保険です。

民間の住宅ローンの場合、団信の加入は原則必須であり、保険料は金利に含まれている場合がほとんどです。

一方、フラット35の場合、団信加入は任意です。

以前は、住宅ローン返済(金利)とは別に団信保険料を年払いしていく形でしたが、2017年10月から他と同じように金利に含まれるようになりました。

ただ、フラットの団信加入は任意ですので、

・団信ありの場合
・団信なしの場合

が考えられます。

そうはいっても、住宅ローンという大きな借入をするにあたり、団信加入は原則です。

この記事では、フラットを検討される方に、民間の金融機関と異なる団信について、金利や保障内容、団信と生命保険の違いなどをまとめました。

フラット35の団信

フラット35の団信(新機構団体信用生命保険)には3つの種類があります。

  • 新機構団信(基本プラン)
  • 3大疾病付機構団信
  • デュエット(夫婦連生団信)

保障内容と金利について以下みていきます。

フラット35新機構団信の保障内容

新機構団信(基本プラン)の保障内容は、

  • 死亡したとき
  • 身体障害者福祉法に定める障害の級別が1級または2級に該当し、身体障害者手帳の交付を受けたとき

この場合に保険金が支払われます。

民間金融機関の住宅ローンでは、

死亡または所定の高度障害になった場合

保険金が支払われる保障内容になっているところが多いですが、フラットと保障内容が異なります。

フラット35機構団信の金利

フラット35では、機構団信(基本プラン)の保険料は金利に含まれています。

では、団信に加入しない場合の金利はどうなるのでしょうか。

アルヒのフラット35金利

下表は、アルヒの2021年8月のフラット35の実行金利です。

・返済期間21年以上35年以下
・融資率9割以下 の場合

団信加入1.28%
団信不加入1.08%

団信加入の有無によって、0.2%の金利差があります。

つまり、団信保険料は、0.2%の金利上乗せとなります。

※アルヒは住宅ローン専門の金融機関で全国でフラット35の取り扱いをしています

※その他、フラットを取扱う金融機関は、民間の金融機関のほか、優良住宅ローンやファミリーライフサービスなどさまざまあり、取り扱う商品や事務手数料も異なります

フラット35 3大疾病付団信の保障内容

フラット35の3大疾病付団信は、

機構団信の基本プランに加え、3大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)や介護状態になった場合を保障するものです。

  • 死亡したとき
  • 身体障害者福祉法に定める障害の級別が1級または2級に該当し、身体障害者手帳の交付を受けたとき
    +
  • 3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)が原因で一定の要件に該当した場合
  • 公的介護保険制度に定める要介護2から要介護5までのいずれかに該当した場合

3大疾病における一定の要件

・所定のがんにかかり医師に診断されたとき

急性心筋梗塞を発病し初診日からその日を含めて60日以上、労働制限を必要とする状態が継続したと医師により診断されたとき

脳卒中を発病し、初診日からその日を含めて60日以上、まひや運動失調、言語障害などの他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師により診断されたとき

急性心筋梗塞もしくは脳卒中の治療を目的とする手術を受けたとき

病気の種類によって保険金がおりる条件が異なります。

フラット35 3大疾病付団信の金利

3大疾病付団信の金利は、

機構団信(基本プラン)の0.24%上乗せとなります。

借入金額3,500万円の場合の保険料

【事例】
借入金額:3,500万円
返済期間:35年(元利均等返済)

融資率:9割以下

この場合の3大疾病付団信の保険料は、
毎月4,057円になります。

団信の内容金利毎月の返済額
3大疾病あり1.52%107,507円
3大疾病なし1.28%103,432円
差額4,075円
2021年8月金利 ※ボーナス返済なし

保険料は借入金額によって変わります。

3大疾病付団信の保障内容、保険金の給付条件、借入時の年齢などを考えながら、加入するべきか否かを判断する必要があります。

【関連記事】
3大疾病・8大疾病!住宅ローン、団体信用生命保険の特約って必要?

なお、機構団信と3大疾病付団信では申込可能年齢が異ります。

申込可能年齢 ※告知日時点
機構団信満15歳以上満70歳未満
3大疾病付団信満15歳以上満51歳未満

デュエット(夫婦連生団信)

デュエットは、

夫婦2人で住宅ローンの借入を行うときに(連帯債務)、ご夫婦のうちどちらか一方が万一の場合、持ち分や返済割合にかかわらず以後の住宅ローン返済が不要となる保険です。

ただし、デュエットを利用する場合、機構団信のみ申込可能で、3大疾病付団信は申込できません。

デュエット(夫婦連生団信)の金利

デュエットを利用する場合、

0.18%金利が上乗せになります。

住宅金融支援機構HP

神戸阪神間の物件情報

フラット35団信なしと生命保険

フラット35 団信 なし

フラット35では任意加入である団信に加入せず、民間の生命保険を利用するという方法もあります。

団信と民間生命保険の違い

保険金額と保険料の違い

団信は返済がすすむに従って保険金額(住宅ローン残高)が下がるが、団信保険料は変わらない。

一方、生命保険の死亡保障や収入保障では、保険金額が変わらない、あるいは保険金額に応じた保険料を設定することができます。

また、途中保険金額の見直しといった選択も可能です。

途中解約の可否

団信の場合、完済まで保険料も含めて返済を続けます

一方、生命保険の場合、住宅ローン残高や貯蓄の状況に応じて途中で解約するという判断も可能です。

保険料控除

生命保険の保険料は、年末調整や確定申告時に保険料控除を受けることができ、所得税、住民税が少なくなります。

一方、団信については保険料控除は使えません。

契約年齢や健康状態などでも保険料は変わります。

こういった団信と生命保険の違いを踏まえ、

団信で負担する保険料、生命保険で支払う保険料を長期の視点で比較しつつ、団信加入を判断する必要があります。

まとめ

  • フラット35の団信は任意加入である
  • 団信加入と未加入の差は、金利0.2%
  • フラット35の団信には次の3つある
    • 機構団信(基本プラン)
    • 3大疾病付団信(+0.24%)
    • デュエット(夫婦連生団信)
  • 3大疾病保険料は、金利+0.24%
  • デュエット(夫婦連生団信)は金利+0.18%
  • 団信の代わりに生命保険を利用する方法もある

【関連記事】
フラット35Sとは?金利・利用するための基準まとめ


フラット35地域連携型(子育て支援・地域活性化型が統合)とは?

マイホーム 不安 相談
マイホーム予算物件診断