2つのマイホーム予算

家を買うとなると、まずすべきことは「予算」を決めることです。

この予算について2つの考え方があります。

マイホームにかかる予算

例えば、マンションを購入したいAさん。

・希望するエリア・最寄り駅A駅
・駅から徒歩10分以内
・築15年未満
・専有面積75㎡以上

この条件で家探しをしたとき、
相場的には物件価格4,000万円~4,500万円
くらいの予算が必要になります。

住宅購入の自己資金:500万円
年収:700万円

諸費用を概算で物件価格の7~8%とみて300万円とした場合、

必要資金資金計画
物件価格:4,500万円自己資金:500万円
諸費用:300万円住宅ローン:4,300万円
合計:4,800万円合計:4,800万円

自分の年齢と収入で住宅ローンはいくらまで借入可能?

事前審査の結果、他に借入もなく4,800万円まで借入可能。

資金計画的には大丈夫そうです。

毎月の返済額は、ボーナス返済なしで10万円までに抑えたい

毎月の返済を10万円までに抑えるには、住宅ローン借入金額は3,900万円までに抑える必要があります。
(変動金利0.41%、元利均等・35年返済の前提)

最終的に4,150万円の気に入った物件が見つかり購入。

必要資金資金計画(最終)
物件価格:4,150万円自己資金:500万円
諸費用:250万円住宅ローン:3,900万円
合計:4,400万円合計:4,400万円

毎月の返済額:99,694円/月(ボーナスなし)
・返済負担率:17.09%

返済負担率
年収に対する1年間の住宅ローン返済額の割合

Aさんのマイホーム購入のすすめ方、予算の決め方に問題があるわけではありません。

ただ、予算の決まり方として、

【第1段階】
相場から大体4,000万円~4,500万円の見通し
【第2段階】

住宅ローン借入可能額から毎月の返済額で調整

した上で決まった予算です。

つまり、希望する家を買うためには、

これぐらいの予算がかかる

という考え方から決まっています。

神戸阪神間の不動産仲介

マイホームにかける予算

これは実際にいらっしゃった方の事例です。

ご年収:960万円
住宅購入の自己資金:700万円
お子様:2人

ただ、家を買ったあとのご要望として2つありました。

①毎年家族旅行にいける(100万円/年)
  ※下のお子様が18歳になるまで

②2人のお子様の留学資金援助を準備

購入後のライフプランを作成し、マイホーム予算を算出したところ、

一戸建ての場合:4,600万円
・マンションの場合:4,000万円


が予算上限の目安という結果でした。

そして、最終的に、
3,900万円のマンション
購入されました

この方の予算の決め方は、Aさんと少し異なります。

・家を買ったあとにかかる費用
・やりたいことにかけるお金

を確保した上で予算を決めています。

この方の年齢とご年収であれば、もっと高い家は買えました。

実際に、この方が当初希望されていた条件で家を探すと、5,000万円~5,500万円の予算が必要でしたが、それでも資金計画を組むことはできました。

ただ、この方はマイホームより優先するものがあり、マイホームにかける予算を減らしたという形です。

・購入後の家計や貯蓄目標
・購入後の維持費や物件選び
・住宅ローン返済の見通し

・教育・老後資金の準備

などしっかり確認したい方は、
不動産購入専門のライフプラン
「マイホーム予算物件診断」
を是非ご検討ください。

【関連記事】
【事例】住宅購入する年齢・家族構成・購入物件でマイホーム予算はどう変わる?


戸建てとマンションの予算の違い
 ~維持費から考える無理のないマイホーム予算~

マイホーム購入は目的
ではない

家を買うことは、ライフプランにおいてとても大きな出来事です。

ただ、殆どの方にとって、家の購入は、

・家族がより良い環境で生活し、
・より充実した時間を過ごせる


そのために購入するものだと思います。

つまり、マイホーム購入自体は目的ではなく、より幸せな人生を過ごすための手段であると思います。

でも、皆さん初めて家を買う方が多く、予算や住宅購入のすすめ方、自分の正解がよく分からないまま進んでいくこともあります。

正解は1人1人違います。

ただ、「マイホームにかかるお金」より「マイホームにかけるお金」という考え方をすることで、のちのち後悔せず、あなたの正解のマイホーム購入が実現できるかもしれません。

【関連記事】
住宅購入で後悔したくない・決断できない人はライフプランを作成‼

マイホーム 不安 相談
マイホーム予算物件診断