あなたの住宅購入相談室  > お役立ち情報  > 医療だけじゃない、住宅購入でも必要なセカンド・オピニオン

医療だけじゃない、住宅購入でも必要なセカンド・オピニオン

 セカンド・オピニオンとは?


 

 

「セカンド・オピニオン」という言葉を

聞かれたことがあるでしょうか?

 

日本でも少しずつ認知されてきましたが…

 

「セカンド・オピニオン」とは、

 

「今かかっている医師(主治医)以外の

 医師に第2の意見を求めること」 

 

です。

 

セカンドオピニオンが普及してきた

背景として、

 

「従来の医師側にお任せの医療ではなく、

患者自身も治療方法の説明を受け、

同意するという治療の決定に関わる

医療(インフォームド・コンセント)

に変わってきた」

 

ということがあります。

 

 

そして、さらにその背景には

 

 ・日進月歩で新しい治療法が生まれており、
  全てを1人の医師が把握しているとは限らない

 ・医師や医療機関によって患者に提供すべきと
  考える治療は同じとは限らない

 ・医師や病院によっては、提供できる医療内容に
  限界がある

 ・患者によって自分の受けたい治療は様々である。

 

といった医療に関する問題があります。

 

 

そこで、

患者にとって最善と思える治療を

患者と主治医の間で判断するために、

別の医師に意見を聞く…

 

それが、「セカンド・オピニオン」

ということです、

 

※『セカンドオピニオンガイド』HPから
 抜粋させて頂きました

 

 

私も、

「T-PEC」というセカンド・オピニオンを

受けることができる保険商品に加入し、

必要な場合は、セカンドオピニオンを

無料で受けられるようにしています。

 

 

例えば、あなたが胃がんと診断されて、

 

「大変残念ですが…」

「胃を全部摘出しなければなりません…」

 

と言われたとき、

なかなかすぐに、

 

「分かりました。」

 

とは言えないですよね。

 

 ・本当に全部摘出しなければならないの?
 ・ほかに治療法はないの?

 

と考えてしまいますよね。

 

仮に、それが最善の方法だとしても、

十分に理解・納得した上で治療に

専念したいと思うのではないでしょうか。

 

現在のところ、

セカンド・オピニオンサービスは

保険の適用外です。

なので、セカンド・オピニオンを

聞くための費用については自腹と

なります。※H25年12月時点

 

 

ただ、このサービス…

私は、非常に価値あるサービス

だと思います。

 

 

このサービスの価値は、

 

 〇医療という非常に専門的なサービスについて、
  個人がその必要性や妥当性を判断することは
  難しい

 〇治療や診断によって得られる情報に、
  医師側と患者側に格差が生じる可能性がある

 〇一度治療をしてしまうと、
  やり直しがきかない場合がある

 

というリスクや不安を解消できるところに

あります。

 

 

なぜこのような話を長々とするかというと、

 

私が住宅購入相談サービスを始めるに当り、

この「セカンド・オピニオン」サービスの

価値や考え方、必要性などが非常に参考に

なったからです。

 

 

 

 住宅購入でも「セカンドオピニオン」は必要


 

 

「家を購入する」となると、

 

 ■家づくりや物件探しのこと
 ■お金のことや保険のこと

 

など、1つ1つ決めてなければなりません。

 

そして、

医療の場面とマイホーム購入の場面を

比べてみると

 

⇒医療技術も日進月歩で変わるように

 

住宅ローン商品や税制、補助金など時間と

ともに変わります。

住宅ローンの金利自体毎月変更になりますし、

その時その時で一番適切な商品や税制などの

制度も変わる可能性があります。

 

 

⇒医師や医療機関によって提供される情報が違うように

 

住宅会社や仲介会社によって、提供される

情報・情報量は異なります。

また、金融機関によっても提供される

情報や商品は違います。

もっと言うと、担当者によっても提案される

内容も薦められる商品も異なります。

 

なぜなら、皆さん、自分の会社の商品を売る

ことが目的なので、

自分の会社の商品が売りやすい情報提供と

ならざるを得ません。

ただ、

住宅購入では選択肢はたくさんあります。

なので、それが購入者に最善かどうかは

分かりません。

 

 

⇒患者によって受けたい治療がさまざま

 

マイホームを購入する1人1人、

 

・家族構成や購入時の年齢
・家計や貯蓄の状況
・住宅購入後入後の将来設計
・ライフスタイルやお金の使い方

など異なります。

 

なので、

1人1人にとって必要とする情報、

選択すべき商品は違って当たり前です。

 

そして、

医療ほどの専門性でないとしても、

住宅購入となると、建築や不動産取引、

住宅ローンなど金融知識、住宅税制や

補助金など専門的な知識が関係します。

それを一個人が、さまざまな情報から

最善の選択をすることは、なかなか

難しいことです。

 

 

⇒医師側と患者側の情報格差があるように

 

不動産・住宅業界の問題点として

従来から指摘されていますが、

取引する土地・建物に関する情報について、

売主や業者と買主との間に情報格差があります。

買い手が本当に納得して購入できるには、

売主側が持つ情報を十分に開示される

必要があります。

ただ、買主にとって初めての住宅購入で

何をどのように聞けばいいのか、

難しいところもあります。

 

 

⇒間違った治療をして、やり直しがきかない場合がある

 

住宅購入も間違ってもやり直しはききません。

 

 

このように個人が医療サービスを受ける場面と

住宅購入の場面では、共通する問題点は、

以外と多いです。

 

 

 

 

 

 セカンドオピニオンの問題点


 

 

ただ、

このセカンド・オピニオンサービス

の運用にも問題点があるようです。

 

 ・患者さんが主治医との関係が悪くなることを
  心配して言い出せない

 ・セカンド・オピニオンを正しく理解していない医師、
  プライドの高い医師によって、セカンド・オピニオンを
  申し出た患者が転院や転医を薦められる

 

ということがあるそうです。

 

これ住宅購入でもありえます。

 

住宅会社や仲介会社の担当者との関係が

悪くなることを気にして、

十分な質問や確認ができない、

という方もいらっしゃいます。

 

また、理解できない専門用語や話を

されたとき、納得できるまで何度も

確認できないという方もおられる

のではないでしょうか。

 

さらに、値段交渉その他の条件交渉を

するにしても、

できる方とできない方がいます。

 

 

私は、「あなたの住宅購入相談室」

を始めるにあたり、

 

医療の現場における

セカンド・オピニオン的な役割を、

住宅購入される方に対して果たせれば良い

 

と考えています。

 

 

セカンド・オピニオンの目的は、

端的にいうと

 

医療技術や治療法などさまざまな選択肢から、
その患者にとって、必要で最善な治療法を
知ること

 

であり、

 

その結果、

 

メリット・デメリットを含め

治療方法について理解、納得したうえで

最善の治療を受けることができる、

 

ということだと思います。

 

 

住宅を購入するときも同様です。

 

 ・さまざまな選択肢のなかから、1人1人にあった
  最善な方法で住宅の購入ができる、

 ・自分が考えている物件選びや予算、
  返済計画などが間違っていないか確認できる

 

そんなお手伝いをできれば考えております。

 

以前「選択できる時代に必要なもの」という記事を

書きましたが、選択肢の多いこの時代だからこそ、

「消費者」と「商品・サービス」を最適にフィット

させる「サービス」が必要です。

 

医療や住宅購入に関わらず、

セカンド・オピニオンとは、多様化するサービスや

商品の時代に必要なサービスであると思います。

 

»»»関連情報«««

住宅購入、その情報本当にあなたに必要!?

住宅購入に必要な「第3者」の評価

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

あなたの住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表

から算出する無理のないマイホーム購入予算を把握する

「マイホーム予算診断サービス」は、こちらから

マイホーム予算診断サービス

 

お電話でのお問い合わせはこちら

078-202-6717

10:00~18:30 平日・土日《定休:水》
初回相談は無料です(約60分)。お気軽にお問合せ下さい。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。