あなたの住宅購入相談室  > お役立ち情報  > 自分に合う『住宅ローン商品』の選び方

自分に合う『住宅ローン商品』の選び方

自分に合う商品の選び方…


 

 

服を買おうかなってとき…

 

 ・どのブランド?
 ・どの店で?
 ・どんな服を買おうか?

 

と少しは考えますよね。

 

そして、これっていう商品が決まっているときは

別かもしれませんが、いくつかの商品を比較しながら、

 

「自分に似合ってる!?」

 

ということを確かめながら決めるのでは

ないでしょうか。

 

 

ただ、似合ってるかどうか確かめるといっても…

 

 ①店員さんに相談したり…意見を求めたり…

 ②買い物に付き合ってくれた友達や家族に
  見てもらったり…

 ③試着室の鏡で見ながら…

 

など、その時々、人それぞれ違うと思いますが、

 

何らかの確認をして買うべきかどうか決めると思います。

 

 

家を買うとき、多くの方は住宅ローンを利用します。

当りまえですが、住宅ローンは銀行が販売する「商品」です。

どの銀行からどんな商品を購入(契約)するかを選びます。

 

そして…服を選ぶときと同じように、

 

その「住宅ローン商品」が自分に合っているか、

ということを確認しなければなりません。

 

 

その確認の仕方ですが…

先ほどの服選びの方法を住宅ローンに当てはめて

みました。

 

 

 

①店員さんに相談したり…意見を参考に…


 

 

住宅ローンを借りるときに金融機関の方に

説明を受けたり相談したりすると思います。

 

銀行の担当者だけでなく、家を建てる住宅メーカーや

工務店の担当者、物件を仲介する不動産会社の担当者

にアドバイスされたり、相談することもあるでしょう。

 

ただ、この場合、注意しなければならないことが

いくつかあります。

 

 ・皆さんそれぞれの立場、つまり売り手の立場からしか
  アドバイスや意見を言ってもらえないということ

 ・その会社が提携する提携ローンなど特定の商品を薦められること

 ・借入ができても、あなたが問題なく返していけるか、
  ということまでは考えてもらえない

 

ということです。

 

つまり、服とはだいぶ違うかもしれませんが、

あくまでも売り手の立場から買ってもらえるアドバイス

が前提とならざるを得ないので、それが必ずしも

購入するあなたに合っているかどうか?は別です。

 

 

 

②友達や家族の意見を聞きながら…


 

 

住宅ローンを選ぶとき、家族に相談したり、

家を買ったことのある友達に意見を求めたり

することもあるかもしれません。

 

しかし、

住宅ローンという商品はなかなか奥の深い商品です。

 

 ・頭金をいくらにするか?
 ・借入金額をいくらにするか?
 ・返済期間を何年にするか?
 ・金利タイプ・返済方法をどれにするか?
 ・住宅ローン控除を最大限活用する方法は?
 ・借入する銀行をどこにするか?
 ・銀行によって借入するための諸費用も違います
 ・繰り上げ返済含め返済計画をどうするか?
 ・団体信用生命保険の内容をどうするか?

   ※「団体信用生命保険」とは、
    住宅ローン返済中にローン契約者が死亡または高度障害に
    なった場合、本人に代わって保険会社がその時点の住宅
    ローン残高に相当する保険金を債権者に支払い、ローン
    が完済となる制度

 

など、住宅ローン商品を決めるといっても、これだけ

いろいろと決めなければならないことがあります。

 

 

また、これらを決めるにしても、1人1人の収入や支出の状況、

家を買ってからの人生設計によっても変わる場合があります。

 

既に住宅を購入し、住宅ローンを返済している友達でも、

あなたの家計の状況やライフプランまで理解した上で

アドバイスをすることは難しいでしょう。

 

 

また、住宅ローンの適用金利(優遇幅)は、毎月変わります。

住宅ローンが適用されるタイミングに、一番有利な商品を

選ぶことも必要です。

 

 

友達やご家族は、あなたのためにと思ってアドバイスを

してくれるかもしれませんが、専門家でないと本当に

あなたにふさわしいアドバイスは難しいかもしれません。

 

つまり、住宅ローン商品を決めるときに、相談できる

相手を探すのは、なかなか難しいということです。

 

 

 

③試着してみて、鏡を見て決める…


 

 

ちょっと強引かもしれませんが…服を買うときの「試着」、

これは、住宅ローン選びに置き換えると、

 

「住宅購入後のライフプラン(キャッシュフロー)表

 を作成(シミュレーション)して決める」

 

ということではないかと思います。(かなり強引!?)

 

つまり、住宅購入後の家計の収支や貯蓄の推移の状況

を客観的な数字で確認しながら、借入金額とともに

住宅ローン商品を決めるということです。

 

なぜなら、住宅ローン商品を決める上で、

「その人がどこまでリスクをとれるか」という

ことも、1つの判断基準です。

 

それをキャッシュフロー表で確認することができます。

 

 

服を買うときに、試着して鏡で確認しながら、

サイズやデザイン、着心地などを確認するように

住宅ローン商品を選ぶ際も、住宅購入後の生活を

シミュレーションすることによって、

借入金額(サイズ)や金利タイプ(デザイン?)、

家計の状況(着心地)が問題ないかを確認して

決めるです。

 

服の場合、サイズが合わないと着心地が悪く

最悪の場合二度と着ない~なんてこともあります。

 

住宅ローンも借入金額が大きすぎると、やりたいことを我慢したり、

極端な節約生活になったり住み心地が悪くなります。

ただ、住宅ローンの場合は、服と違ってその家に「住まない」

という選択肢はありません。

住み心地が悪くても、必ず、返済しなければなりません。

 

 

住宅ローン商品選びの難しいところは、

 

返済が長期に及ぶこと(将来のことは不確定であること)

金額が大きく、他の家計に影響を与えること

ほとんどの方は、初めての経験であること

 

です。

 

確かに、先のことを予測したり決めたりすることは難しいですし、

何が起こるかわかりません。

 

ただ、長い年月をかけて支払っていく以上、

その時間を考えた「商品選び」を実践すべきと思います。

その1つの方法が、住宅購入前にライフプランを作成することです。

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

住宅購入後も安心できる、あなたの無理のないマイホーム購入予算を把握するための

マイホーム予算診断サービスのご案内はこちらから

マイホーム予算診断サービス

 

 

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら

078-202-6717

10:00~18:30 平日・土日《定休:水》
初回相談は無料です(約60分)。お気軽にお問合せ下さい。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。