あなたの住宅購入相談室  > お役立ち情報  > マイホームに「かかるお金」と「かけるお金」

マイホームに「かかるお金」と「かけるお金」

 購入予算の決まり方の違い


 

中古の一戸建て住宅を購入しようと

考えているAさんとBさんがいます。

 

この2人の購入予算を決めるプロセスが

少し異なります。

 

 

●Aさんの場合

 

 ・住みたい地域・場所
 ・広さや間取り
 ・築年数 

 

などを決め、とりあえず物件探し。

 

物件探しをするうちに、

希望する場所で希望する条件の

物件を買おうとすれば、

大体3,500万円くらいはかかりそう、

ということが分かってきました。

 

資金計画として、

物件価格:3,500万円
諸費用:200万円

 

それに対し、

 

自己資金:500万円
住宅ローン借入:3,200万円

 

でシミュレーションすると、

毎月の返済額は今の家賃とほとんど

変わらない…

また、住宅ローンの事前審査でも、

3,500万円なら借入できそう…

 

そこで、

3,500万円を目安に物件を探し…

最終的に3,300万円の物件を購入。

 

 

 

●Bさんの場合

 

一方、Bさんはですが、

まず物件の予算以外に必要となる

費用がいくらかを確認。

 

【購入時にかかる費用】

・諸費用
・購入時のリフォーム費用
・引越し代や家具購入費用 

 

など

 

【購入後にかかる費用】

・固定資産税
・火災(地震)保険料
・将来のリフォーム費用の積立 

 

など

 

こういったことを考えると、

住宅購入後も含めた長期スパンで

資金計画を考える必要があると判断。

 

購入から住宅ローン完済、さらに老後までの

長期のライフプラン表を作成し、

そこからマイホーム予算を逆算。

 

その結果、

3,300万円が無理なく返済できる

購入予算であると判断。

 

ただ、3,300万円を目安に物件探しをするも、

なかなか条件と合う物件が出てきません。

そこで、対象エリアを少し広げ物件探し。

 

その結果、3,400万円の物件を気に入り、

価格交渉の結果、3,300万円で購入。

 

この2人の住宅購入ですが、

最終的に同じ価格の物件を購入してますが、

価格決定のプロセスが全く異なります。

 

 

 

 住宅に「かかるお金」と「かけるお金」


 

 

AさんとBさんの違いは何かというと、

 

Aさんの場合、

 

市場の相場に自分の購入予算を合わせて

決めています。

 

つまり、

自分が希望する物件を購入しようと思えば、

 

「これくらいの予算はかかる(必要である

 

という考え方です。

 

 

一方、Bさんの場合、

最初から市場の相場に合わせるのではなく、

 

まず、

 ・購入時に物件価格以外にかかる費用

 ・購入後も長い視点でみて必要となる費用

 

 

を確認し、

購入後の家計の収支や貯蓄推移を見ながら、

これくらいなら無理なく返済できそうだ、

 

という考えのもとに予算を決めています。

 

言い換えると、自分の人生の中で、

 

「住居費にかける(かけられる)
 予算はこれだけ」

 

という考え方です。

 

どちらがいいかは別として、

AさんとBさんの予算の決め方の違いは、

マイホームを購入する目的が違うところからきてます。

 

つまり、

Aさんは、

「住宅購入そのものが目的」なのに対し、

 

Bさんは、

「住宅購入」は、

住環境を充実させ、より良い人生を送るための

「手段」であり、

「住宅購入そのものが目的ではない」

 

ということです。

 

Bさんの目的は、あくまでも

「住宅を購入後も問題なく生活できる」

ということです。

 

そして、

長期的な視点から判断している点含め、

どちらがのちのち後悔や失敗の少ない

住宅購入かというと、

 

間違いなく「Bさん」です。

 

住宅の価格は、

その地域の相場に当然左右されます。

 

・希望するエリアや立地条件
・希望する間取りや広さ、築年数

 

など、

条件を満たす物件を購入しようとすれば、

それだけの予算が必要である…

ことは事実です。

 

ただ、

それが1人1人の家族構成や収入・支出、

貯蓄や購入後の計画に合う予算かは、

全く別問題です。

 

つまり、

その地域で形成されている相場に

購入予算をどこまで合わせるか、

ということは、

よく考えなければなりません。

 

そして、

もし自分の条件に対して、

予算が高いかな~という場合に、

仮に住宅ローンの借入ができても

予算を上げることだけではなく、

Bさんが物件探しのエリアを

広げたように、

希望する条件を見直すことも必要です。

 

なぜなら、

どんなに希望する場所や家に住む

ことができたとしても、

住宅購入後の生活に無理があったり、

本来しなければならないこと、したいことを

我慢しなければならないとなると、

本当にそこまでして

この家に住みたかったのか、

ということになりかねないからです。

 

後悔のないマイホーム購入のために、

 

住宅購入には、

これくらい「かかる」

という現実があるなかで、

 

住宅購入には、

これくらい「かける」

という意識をもつこと

 

が必要だと思います。

 

»»»関連記事«««

住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表を作成する意味

「借入ができる金額」と「無理なく返済できる金額」

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

あなたの住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表

から算出する無理のないマイホーム購入予算を把握する

「マイホーム予算診断サービス」は、こちらから

マイホーム予算診断サービス

 

お電話でのお問い合わせはこちら

078-202-6717

10:00~18:30 平日・土日《定休:水》
初回相談は無料です(約60分)。お気軽にお問合せ下さい。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。