家計のバランスシート

『バランスシート』という言葉、
聞かれたことがある方もいると思います。

「貸借対照表」とも言われますが、

企業の資産や負債を一覧で対照表示することで、
その企業の財政状態を明確にするものですが…

このバランスシート、
企業だけでなく個人の家計状況を表すときも
使われます。

 

こんな感じです。

 

FPバランスシート

 

ある時点のその家庭の

左側が、金融資産や不動産、株式などの「資産」、
右側が、住宅ローンなど借入金の「負債」、

そして、

資産合計から負債合計を引いた「純資産」

を表しています。

※日本FP協会のHPより引用させて頂きました

 

住宅購入が家計のバランスシートに与える影響

家計のバランスシートですが、
購入する住宅によって大きく変わります。

例えば、

Aさんが3,800万円の物件を
3,500万円の住宅ローンを組んで
購入するとします。

※金利タイプ:全期間30年固定(1.1%)


マイホーム購入時点
のバランスシートはこんな感じです。

 

住宅購入時バランスシート

普通預金・定期預金・財形貯蓄合わせ400万円。
それに株式50万円と終身保険(解約返戻金)が120万円。

それに購入したマイホームを併せ、

資産合計は4,370万円

一方、負債は

住宅ローン3,500万円以外に
車のローン70万円と奨学金残が100万円。

併せて合計3,670万円の負債

になります。

なので、
純資産としては、

【資産合計】から【負債合計】を差し引いた

700万円ということになります。

そして、Aさんは、
マイホーム購入後も住宅ローンの返済をしつつ、
車のローンと奨学金を全て返済し、

また、
毎年、定期預金10万円、財形貯蓄24万円の
貯蓄もがんばって行いました。

その結果、マイホーム購入から15年後…

バランスシートはこんな感じになりました。

 

住宅購入後バランスシート①

 

………………

 

ん!? んんんん 純資産740万円!?

 

え~~~~?????? って感じですね。

一生懸命に貯金し…、
住宅ローンやその他の借金も返済し…
運用も頑張った(株式の時価が50万から100万にUP)

にもかかわらず…

純資産が、
住宅購入時の700万円から
15年経って740万円って
ほとんど増えてません。

少なくとも、
車のローンと奨学金分の負債はなくなり、
定期預金と財形貯蓄分は金融資産は増えたはず

なのに…

なぜか?

「資産性」を考えたマイホーム購入

表を見てもらえれば一目瞭然なんですが、

購入した不動産の15年後の市場価値が
1,500万円と思った以上に低い

ことによるものです。

住宅ローンの返済以上に
はるかに早いスピードで
購入した住宅の資産価値が減少した…
ともいえます。

つまり、


「資産性」「購入価格の妥当性」

という意味では、
物件選びと間違えた、

ということになります。

ただ、こういうことは現実に起こってます。

20年前に4,000万円で購入したマイホームが、
お子様の進学の関係で売却せざるを得なくなり、
いざ売りに出すと1,000万円にも満たない
780万円しかつかなかった…という話など。

そして、
これから先のことを考えると
今以上に不動産の選別は進んでいき、
資産性を維持しやすいものと
しにくいものの区別は
はっきりとしてくると思われます。

Aさんが、もし資産価値が落ちにくい、
違う物件を購入していれば、
15年後のバランスシートは
こんな感じになったかもしれません。

 

住宅購入後バランスシート②

住宅ローン残高1,890万円に対して、
家の価格が2,500万円なので、
自己資金を投入することなく売却できます。

また、

・車のローン(70万円)
・奨学金の返済(100万円)

を完済し

・定期預金(150万円)
・財形貯蓄(360万円)

の貯蓄を併せると680万円。

それに対し、

純資産は、住宅購入時の700万円から
1,740万円と1,040万円増えています。

それだけ、

住宅の資産性が維持されている

ということです。

家計のバランスシートを見たときに、
純資産がマイナスになっていなければ良い
と言われることが多いですが…

ただ、
住宅など不動産の価値は、
時間とともに変わりますし、
その価値(評価)がわかりにくいです。

そして、
何があるか分からない人生において、
不動産をお金に変える必要性が出たとき、
本当の意味でその不動産の客観的な価値が
分かります。

そういう時が来るかどうかも考えつつ、
家計のバランスシートという視点からも
物件選びを考えてみてはどうでしょうか。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
あなたのご家庭にとって無理のない
マイホーム購入予算を把握するための
「マイホーム予算診断サービス」はこちらから

マイホーム予算診断サービス