あなたの住宅購入相談室  > お役立ち情報  > 「借入ができる金額」と「無理なく返済できる金額」

「借入ができる金額」と「無理なく返済できる金額」

住宅ローンの借入金額…

 

皆さんどういう基準で決められますか。

 

この借入金額ですが…

 

 □銀行から借入できる金額

 □無理なく返済できる金額

 

という2つの金額があります。

 

 

 

 銀行から借入ができる金額


 

 

 

例えば、

 

 ・年収600万円
 ・家族構成(奥様・子供2人
 

 

この方が、

 

・三菱東京UFJ銀行から
・35年固定(金利1.69%)

 

で借入できる金額を算出してみます。

 

○三菱東京UFJ銀行の審査金利
 ⇒3.6%※予想

○返済負担率(借入比率)の上限
 ⇒35%

 


とすると、

 

 ・年間返済額の上限

  ⇒600万円×35%=210万円

 ・毎月返済額の上限

  ⇒210万円÷12ヶ月=175,000円/月 
   ※ボーナス返済なし

 

 ・35年返済
 ・毎月返済額の上限:175,000円 

 

 で計算すると、

 

「借入できる金額」は、4,175万円

 となります。

 

その他の審査項目や物件の担保価値など

問題がなければこれだけの金額の借入が

できるということです。

 

この借入できる金額を目安に

購入予算を決められる方もいます。

 

4,175万円の借入をした場合、

毎月の返済額はいくらになるか?

 

三菱東京UFJ銀行の35年固定金利の

適用金利1.69%で計算すると、

毎月の返済額は、131,753円となります。

 

ちなみに…

年収600万円の方の可処分所得は、

おおよそ450~480万円と考えられます。

 ※可処分所得とは、
  税金や社会保険料などを差引いた
  実際に使えるお金(手取り)

 

仮に、手取り480万円だとすると、

480÷12ヶ月=40万円が毎月の手取りです。
 ※ボーナスは考慮しません

これに対し、住宅ローン返済額が

13万1千円なので、

 

13.1万÷40万=32.7%。

 

手取り収入の約3分の1が

住宅ローン返済に当てられることに

なります。

 

 

 

 無理なく返済していける借入金額


 

 

住宅購入は、

人生の中で1回あるかないかの重要な

ライフイベントです。

後悔のない物件を購入したい、

誰しも思います。

 

ただ、

マイホームを手に入れたことによって、

その後の生活が苦しい…、成り立たない…

となると

 

「何のための住宅購入だったのか?」

 

と本末転倒になってしまいます。

 

なので「借入金額」は、

 

住宅購入後の生活を考えて、

住宅購入後の家計の収支や

人生設計から考えて

 

算出すべきです。

 

具体的には、

住宅を購入後の毎年のキャッシュフロー、

つまり、

 

 ・1年間の家計の収支状況
 ・貯蓄の推移
 ・住宅購入後のライフイベント
 (子供の進学・老後等)
  

などを客観的に把握した上で

算出すべきです。

 

例えば、教育資金についていうと、

 

 ・子どもが行きたい学校へ行かせたい
 ・子どもの希望や可能性を尊重したい

 

ということであれば、

それを踏まえた資金計画・返済計画が

必要です。

 

また、お子様が独立するまでは、

 

 ・車を維持したい
 ・毎年1回は家族旅行を楽しみたい

 

ということであればそれを踏まえた

資金計画が必要です。

 

つまり、「返済できる金額」は、

 

1人1人の異なる

 

 ・収入や支出の状況
 ・家族構成
 ・人生設計やライフスタイル
 ・お金を消費する優先順位・価値観

 

などから逆算して求めるべき

 

ということです。

 

マイホームにかけるお金は、人生で

住居費にどれくらいお金をかけるか

ということでもあります。

 

限られた収入の中で、

 

優先順位を明確にしたうえで、

住居費にどれくらいのお金をかけるか、

ということをしっかりと決める

 

必要があります。

 

先ほどの例でいうと、

毎月の収入から

 

 ・無理なく生活するために必要な費用
 ・将来必要な貯蓄

 

などを差引いた後の金額が

毎月10万円だとすると、

それが住居費にかけられる

毎月の返済額かもしれません。

 

先ほどと同じ条件で借入するとして、

毎月の返済額を10万円とすると、

借入金額は、3,168万円となります。

 

 

先程の「借入できる金額」の4,175万円とは、

約1,000万円の差がでます。

 

 

 誰がマイホーム購入後の生活まで考えてくれるか


 

 

 

1,000万円の予算が違えば、

当然物件選びや家づくりに大きく影響します。

自分たちが希望する条件が満たせなくなる

かもしれません。

 

そこで、

マイホームを購入することと

マイホーム購入後の生活について、

ご家族で話しあってみてください。

 

家族の生活の中で何を大切にするのか?

住宅購入より優先されるものなのか?

 

そうすると、

のちのちお金のことで後悔したり、

夫婦でもめたりすることも

少なくなるはずです。

 

ただ、あなたが住宅購入で関わる

 

売り手の立場の人は、

「借入できる金額」の相談は得意ですが、

「無理なく返済できる金額」の相談は

難しいかもしれません。

 

なぜなら、

「1人1人の無理なく返済できる金額」を

提示するには手間も時間もかかるからです。

もっと言うと、

住宅購入後の生活がどうなるかは

売り手の人には関係ありません。

 

なので、

あなた自身の「返済できる借入金額」

を事前にしっかりと把握して

マイホーム探しを始めることを

おすすめします。

 

»»»関連記事«««

年収が高くても・・・マイホームの購入予算との関係

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

あなたの住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表

から算出する無理のないマイホーム購入予算を把握する

「マイホーム予算診断サービス」は、こちらから

マイホーム予算診断サービス

お電話でのお問い合わせはこちら

078-202-6717

10:00~18:30 平日・土日《定休:水》
初回相談は無料です(約60分)。お気軽にお問合せ下さい。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。