大阪市 40代会社員 Y・N様

住宅相談事例

相談の経緯

マンション、戸建てと物件探しをしておられました。その中で、貯蓄の多くを運用資金として残したいという希望がある中、実際どれくらいの借入が可能かも含め、適正な予算、資金計画が分からないということで相談に来られました。

相談のポイント

1、運用資金を手元に残した上で、ご主人様の収入だけで購入できる物件、借入可能な額はいくらか?また、奥様の収入と合算する必要があるのか?をしっかり把握した上で物件探しをすること

2、新築と中古の物件選びのポイント、注文住宅と新築戸建てのポイントを理解して物件探しをすること

相談結果

1、ご相談者の方は、一定の貯蓄をお持ちでしたが、運用資金としてできるだけ手元に残しておきたいというご意向でした。ですので、ライフプランにおける貯蓄推移としては問題ありませんでしたが、住宅用の自己資金として使える金額はそれほど多くありませんでした。
希望される条件での購入予算を考えた場合、ご主人様だけの収入では、住宅ローンの借入金額が厳しく、奥様との収入合算で借入を行うことにしました。金融機関によって、返済負担率の設定が異なるため、複数の住宅ローン商品を検討しましたが、最終は希望金額の借入をすることができました。

2、貯蓄はお持ちでしたが、住宅資金として使える金額はそれほど多くなかったこともあり、注文住宅の購入は見送ることにしました。できれば戸建てを希望されておりました。新築戸建て(分譲)と中古戸建てにおける、住宅ローン控除の減税金額、価格設定、売主の保証などの違いを説明、ご理解頂きながら、最終的には中古戸建て住宅を購入することができました。購入金額においても、180万円の価格交渉をすることができました。

コメント

家を買う際の進め方として、①予算・資金計画をしっかり決める、②予算や購入を希望する場所、物件相場から購入する物件を絞っていく、③住宅購入時だけでなく、購入後の費用をできるだけ少なくする購入方法を実行する、ということが大切です。
また、購入する際の資金計画的にも、いざ気に入った物件が見つかった際の価格交渉などの面からも、物件探しと同時に住宅ローンの事前審査を通しておくほうが良いです。
今回、物件探しを先行されてご相談に来られましたが、最後は住宅ローンだけでなく、ライフプラン的にも無理のないマイホーム購入ができたのではないかと思います。