神戸市灘区 30代会社員 K・Sさん

相談の経緯

物件探しを進められており、相談に来られた時点で2つの物件に絞られている状況でした。
2つの物件価格の違いはそんなに大きなものではありませんでしたが、本当に購入予算として妥当なのか、子どもをもうけて、購入後の生活は大丈夫なのかと知りたいということで相談に来られました。
また、自己資金はあるが、資金計画について相談したいとのことでした。

 

相談のポイント

1、購入物件(戸建て)が絞られていること、相談者の方のご年齢が比較的高めであることから、より精度の高い予算診断を作成すること

2、お子様をこれからもうけられたいということでしたので、教育資金含め、将来の必要資金がしっかり確保できるか

3、ライフプラン表をベースに住宅購入コストを考えた資金計画が考えられること

 

相談結果

1、購入物件が絞られており購入後の維持管理費が把握しやすいこと、購入時の年齢が比較的高めで収入見通しが分かりやすかったことから、住宅購入後の年間収支や貯蓄推移は精度の高いものが出せたと思います。

2、自己資金がかなりあったこともあり、現役世代は貯蓄推移含め問題はありませんでした。
ただ、購入時の年齢が比較的高かったこととお子様をこれからもうけられることなどもあり、リタイア時点の貯蓄残高、年金収入の見通しから老後資金については少し不安が残る結果となりました。

3、自己資金がありましたので、資金計画としては、いろいろな方法が考えられました。
金利負担と住宅ローン減税効果、毎月の返済額を併せて考えながらの資金計画となりました。

 

コメント

ご夫婦で来られたのですが、購入を検討している物件についてもよくお調べされており、物件の比較もされておりました。
予算が問題ないかとのことでしたが、購入予算を決める基準は、いくつかあります。
年収や返済負担率、場合によっては現在の家賃などから考えられる方もいらっしゃいます。
マイホーム予算診断では、購入後の家計の収支や貯蓄推移から予算を算出するものですが、老後資金について少し不安が残る結果となり、購入予算についても購入予定の物件価格より少し低いものを提示させて頂きました。。
なかなか将来の家計の見通しを把握することは難しいですし、そのためのライフプラン作成でもありますが、購入時の年齢が高ければそれだけ、現役世代の収入見通しの精度も高くなり、作成させて頂く診断結果の精度も上がります。
購入時の年齢やお子様の数、もうけられる時期によって、家計の状況は違い、購入予算にみ関係することが分かる相談事例だったと思います。