神戸市東灘区 30代公務員 板垣様

相談の経緯

既に購入を検討している具体的な物件がある状態で相談のご依頼でした。
予算的にどうなのか?その物件で決めても良いのか?購入後の生活はどうなるのか?といった点について、お子様がちょうどお生まれになる時期とも重なりご相談頂きました。

 

相談のポイント

1、現在の家計の状況とマイホーム購入後の家計の状況、貯蓄推移などを確認しながらリフォーム含めた予算を確認すること

2、検討されている物件について、価格的なもの含め第3者としてのセカンドオピニオンを提供すること

3、ご夫婦の収入を合算して購入される点踏まえ、住宅ローン選びや返済計画を中心に、できるだけ返済リスクと返済額を少なくすること

 

相談結果

1、リフォーム費用含め、借入金額は一定金額になりましたが、ご主人様、奥様とも公務員、正社員で仕事をされており、今後の見通し含め世帯収入的には問題ありませんでした。お子様が1人の場合と2人の場合では、奥様の就業状況、家計の状況や将来の教育資金は大きく変わるため、家族構成に合わせた将来の見通しは示すことができたのではないかと思います。

2、検討されているマンションが、東灘区でもシンボル的な物件で、立地条件や維持管理費含め良い物件でした。また、価格については、広告前の物件情報ということもありましたが、一定の交渉はできました。実際、広告を出して他に買手がついてしまうケースとその前に決断するかというところで判断が必要だったと思います。

3、住宅ローンについては、いくつかご提案させて頂いた中で、最終的には金利変動リスクを最小限にしながら、団信特約も含め返済額をできるだけ少なくするという提案ができたのではないかと思います。お子様が小さい間にしっかりと返済を進めていくという意味で、当初返済額は多くなりますが、総返済額、将来のローン残高を減らすことができる元金均等返済となりました。

 

コメント

中古マンションや中古の戸建てを購入する場合、リフォーム費用も勘案する必要があります。その点踏まえた資金計画として問題がないか知る必要があります。また、購入の前後で維持費含め、家計の状況は変わります。今回のお客様のように、ご夫婦とも一定の収入がある場合、時短勤務や奥様退職後の収入状況も踏まえ問題がないかを貯蓄推移を見ながら判断しました。また、定期的に必要となるリフォームや車の買い替えといった大きな支出を踏まえた確認が必要です。今回のお客様の場合、購入から当初10年位が貯蓄を一番行いやすい時期でもありましたので、購入後の貯蓄目標含め、家計の状況を提示させて頂くことできたのではと思います。