尼崎市 30代会社員 Tさん

相談の経緯

マイホーム購入するにあたり、これから子供をもうける予定で、マイホーム購入と妻の収入がなくなる中、どれくらいのマイホーム予算や返済でいけるのかが分かりませんでした。
また、購入物件として、1戸建てが第1希望ですが、予算や物件によってはマンションもありだと考えていますが、どういった物件を購入したらよいかよく分かりませんでした。
不動産仲介会社さんから予算や物件の紹介もありましたが、そういった立場ではない方に相談したほうがいいのかなと思い相談することにしました。

相談のポイント

1、お子様の誕生と独立されるまでにかかる費用の見通しをまず知ること
2、お子様が小さい間は奥様は働かないということで、世帯年収減った場合でも問題なく生活できるか
3、住居費が今の家賃から住宅ローンや維持管理費(戸建てとマンションの違い含め)に変わるなか、物件選びをどうするか

子どもの誕生、世帯収入の変化など、これまでと大きく変わることを前提に、住宅購入後の生活が無理なくしていける予算と家計の収支をイメージしてもらえることがポイント。

相談結果

①お子様の進路の確認とそのための(教育)資金
②お子様の成長に合わせ、奥様がいつから働かれるか、世帯年収の変化
③無理のない住宅ローン返済額
これらをライフプランを作成し、毎年の家計収支の状況、貯蓄の推移、住宅ローン残高の推移などをみながら無理のない毎月の返済額を出させて頂きました。
その返済額をもとに、戸建て購入の場合の予算、マンション購入の場合の予算を算出しました。

コメント

マイホームを購入すると、それまでの生活と経済的にも変わることは少なくありません。
それに加え、お子様の誕生、それに伴う奥様の収入減となると、ご家庭の経済的環境は大きく変わります。
その中で、マイホーム購入をどのようにすすめれば良いか悩まれるのは当然だと思いました。
そういった中で、何を一番大切にされるかという優先順位を考えながら、マイホーム購入予算を算出することが必要であったと思います。
マイホーム購入は「それ自体が目的はなく、幸せな充実した生活を送るための手段である」と改めてそう思いました。