神戸市灘区 40代会社員 谷村 様

相談事例 お客様の声

相談の経緯

灘区でマンションを探されているとき、探されている予算で問題がないか、物件選びについて分からないことも多いということで相談にこられました。お子様をもう1人お持ちになることも考えておられ、まずしっかりと購入予算と購入後の生活がどうなるかを確認したいということでした。

 

相談のポイント

1、40歳過ぎてのマイホーム購入で、これからのお子様の教育資金も必要となるなか、無理のないマイホーム購入予算を算出すること

2、物件探しをされるエリアを絞られていましたので、そのなかで物件選びで注意すべきことは何かを明確にすること

3、住宅ローンの金利変動のリスクと総返済額のバランスを考えながら、最適な住宅ローン商品を決め、住宅購入コストをできるだけ削減すること

 

相談結果

1、ライフプラン・キャッシュフロー表を作成させて頂き、無理のない予算、住宅購入後の家計の状況を提示させて頂きました。当初想定されておられた予算に近い予算となりましたが、中古マンションを検討されていましたので、物件によってはリフォーム費用がかかり、リフォーム費用含めた予算、資金計画が必要であることをお伝えさせて頂きました。

2、物件探しに同行させて頂く中で、リフォームが必要な物件もありました。エリアを絞られての物件探しでしたし、そういった物件含め検討することも必要でしたが、予算や資金計画面から最終的には、築浅のリフォーム費用がかからない物件に決められました。また、マンションにおいては、管理面も重要ですので、重要事項調査報告書などの確認も含め、長期修繕計画や管理面についても一緒に確認させて頂きました。

3、リタイアを想定されている時点(65歳時)までに住宅ローン完済を希望されていました。また、金利変動リスクについてしっかりと備えられたいということでしたので、作成したキャッシュフロー表に基づき、希望に近い住宅ローン商品を提案させて頂きました。金利変動リスクをどこまでとれるかは1人1人の家族構成や家計の状況によって異なります。谷村様の場合、再雇用時期と住宅ローンの返済が重なる時期がありましたので、その点踏まえた住宅ローン金利タイプを提案させて頂きました。

 

コメント

無理のないマイホーム購入予算の中で理想とする物件が見つかるかは、ある意味タイミングや運もあります。物件探しをされるエリアや条件にもよりますが、物件選びにおいては優先順位を決め、場合によっては妥協すべき箇所も出てくるは少なくありません。谷村様も物件探しをされている中で、いろいろとお考えになられたと思いますが、最終的には理想に近い物件を価格交渉含め理想的な価格で購入することができたのではないかと思います。
住宅ローン商品選びや返済計画については、当初より金利変動リスクを可能な限り減らしたいというご要望でしたので、キャッシュフロー表をベースに、ご要望に合う住宅ローン商品、金融機関をいくつかご提案させて頂きました。審査上、要望通りにいかない部分も一部ありましたが、現在の低金利状況の中で、金利変動リスクを回避する形でコスト的には有利な商品で契約できたのではないかと思います。