【明石市 20代会社員 S様】

相談の経緯

2番目の子供を授かりたいと考えており、住宅を購入するうえでどれくらいの予算がふさわしいのか?
住宅購入後の生活がどのようになるのか?が不安で相談しました。
また、住宅ローンの返済を続けながら、老後のお金を貯蓄するために、どれくらいの貯蓄が必要か、それができる予算を知りたいと思いました。

相談のポイント

1、2人目のお子様の誕生によって奥様が退職される影響
2、2人の大学卒業までの教育費などを準備できるマイホーム予算
3、老後の生活に向けて積立を積極的に行われていたので、住宅ローンの返済と両立できるか

相談結果

1、2人目のお子様が誕生されてから、現在のお仕事を退職されるというご予定。また、現在の家賃から住宅ローンの返済に変わるということで、家計の収入部分も支出も大きく変わるタイミングです。
こういった支出の変化を踏まえた住宅購入予算を提示させて頂きました。

2、ご主人様は、積立型の投資商品を積極的に運用されていました。ただ、家計に占める割合も高く、お子様が大学を卒業されるまでの教育費を準備するには、少し積立部分が大きいようでした。結果的には、積立金額と積立期間を少し見直し、マイホーム購入と両立できる購入予算と積立方法の提案をさせて頂きました。

 

コメント

住宅購入後の生活を考えたとき、
1、リタイアまでの必要資金、2、リタイア後の必要資金
と大きく分けることができます。

投資商品によって老後の準備をすることは非常に良いと思います。
ただ、それによって現役時代、住宅ローンの返済をしながら、教育費など一番お金がかかる時期に資金的にショートしてしまうと元も子もなくなってしまいます。
今回のご相談者の方は、現役時代の必要資金と老後の必要資金の準備のバランスが問題となりましたので、住宅予算と積立額についてご提案をさせて頂きました。