西宮市 会社員40代 Tさん

相談の経緯

物件探しを始めて、購入予算も大体決めていたものがありました。
ただ、年齢的に40代の半ばになり住宅ローンの返済が老後の生活含め、問題なくできるかが心配でした。
また、親からの資金援助もありますが、住宅ローンの借入金額や借入期間など自分たちにとってベストなものが知りたいと思い相談しました。

相談のポイント

購入される方の年齢によって、マイホーム購入の資金計画、返済計画は変わります。
どのくらいの借入金額をどれくらいの期間で返済するのか、老後の生活にどのように影響してくるのか、ということを明確にすることがポイントだと思いました。

相談結果

1、60歳再雇用以降、収入が少なる点、65歳以降の老後生活に入ったあとの貯蓄の
  推移をシミュレーションすることによって、 購入予算が問題ないか確認させて
  頂きました。
2、親御さんからの資金援助があるとのことでしたので、頭金と借入金額について
  2つのパターンで予算診断サービスのシミュレーションを作成しました。
  その結果、毎月の住宅ローンの返済額と貯蓄の推移を確認し、住宅ローンの
  借入金額を明確にすることができました。
3、住宅ローン商品の見直しによって、総返済額が軽減することができました。

コメント

40代半ばを過ぎると、老後生活まで20年を切ってきます。そういう中で、マイホーム購入が、収入が減ったあと、年金生活に入ったあとの生活にどのように影響するかを知ることは、非常に重要になってきます。
また、住宅ローン商品の選択肢が広がってきますので、無駄のない商品選び、返済計画を立てることが必要です。