住まいの購入独立サポートとは

不動産取引における当事者(売主・住宅・仲介会社)ではない、
独立した中立的な立場から、

引渡しまでサポートするサービスです。(最長1年間)
※リモート(ZOOM/メール/電話)でのサポートも対応しております。

住まいの購入独立サポートでできること

◎専門家の客観的なアドバイス
客観的な立場で住宅専門家に相談しながらマイホーム購入をすすめられる。
特定の商品やサービスではなく、すべての選択肢から疑問、不安を解消しつつ、迷ったときはセカンドオピニオンを活用しながら判断できます。

◎住宅・教育・老後資金の提案
家の購入だけでなく、購入後の生活や教育費、老後資金、物件の資産性の提案を受けることができる。
長期の視点でお金の心配をせず、物件選びや家づくりに集中できます。

◎住宅購入コストの削減
物件選びから資金計画、住宅ローン、火災保険、家計改善まで、住宅購入時の費用、購入後のコストを削減できます。
それは、将来の資産UPにつながります。

◎その選択肢は知らなかったの解消
初めてのマイホーム購入。
購入手続きの中で、一般の方で気づきにくい選択肢、確認すべき事項などの提案を受けることができ、より良い選択、リスク回避できます。
住宅購入での一番の後悔は、「その選択肢を知らなかった」ということです。

専門的な知識の補完
家を買うとなると、さまざまなことが関係してきます。
専門的なこと(建築、契約、税金、住宅ローン、保険、不動産業界、法律的なことなど)の知識・情報を補完することができる。

住まいの購入独立サポートの効果

  • 物件選びで後悔・失敗する
  • 住宅ローン返済が負担・困難
  • 教育・老後資金が確保できない
  • 契約手続き上のリスク
  • 災害リスク
  • 資産価値が維持できない
  • 相場もしくは相場以下での価格交渉
  • 資金計画・住宅ローン減税の有効活用
  • 住宅ローン総返済額
  • 団信特約保険料や火災保険料
  • 将来の資産を増やす
  • 中立・第3者の意見
  • より良い選択肢の提示
  • 売り手側との情報格差解消

具体的なサポート内容

ライフプラン・キャッシュフローの作成

不動産 ライフプラン

購入後の家計や貯蓄推移という視点から予算、物件選び、住宅ローン選びができるよう、住宅購入のためのライフプラン・キャッシュフローを作成します。
購入後の貯蓄目標や教育・老後資金の見通しが分かります。

参考:予算物件診断サービス

安心お得な資金計画の作成

家計上必要な資金を確保した上で、住宅ローン減税を最大限に有効活用できる、有利な住宅ローン商品ができる点など考慮した資金計画を提案します。

物件価格の妥当性・相場の提示、価格交渉

購入を検討する物件の価格が妥当なのか、取引相場はいくらなのかを提示し、物件価格と資産性に対する助言を行います。
また、少しでも安く購入できるよう価格交渉もしくは価格交渉の環境つくりをサポートします。

物件同行サポート ※原則:阪神間及び周辺

気になる物件、購入を考えている物件、完成後の内覧など物件内見に同行します。
戸建て、マンション、新築、中古物件によって、チェックすべきポイントも異なります。

住宅ローン商品・返済プランの提案

マイホーム 住宅ローン

選択可能なすべての住宅ローンから、総返済額、金利上昇リスク、団信(特約)など総合的に判断した住宅ローン商品、返済計画を提案します。
住宅ローンの審査・契約同行も可能です(対応地域のみ)

購入申込から売買契約(重要事項説明)など契約手続きサポート

購入申込から売買契約、重要事項説明を事前に確認し、契約内容、特約の内容など買主の立場で契約上の不利、不備、また、諸費用や売主側に確認をすべき点などサポートします。

審査から最終的に一番有利な住宅ローン契約までサポート

住宅ローン審査を安心確実に進めて頂くためだけでなく、最終的な住宅ローン適用金利が決まる融資実行時点で一番有利な住宅ローンを契約できるよう手続きをサポートします。

補償を最適にし、無駄な費用をなくす火災保険の提案

補償対象、補償内容、保険金額、免責金額、保険料の安さ、保険の出やすさなど、購入物件や家族構成に合わせた必要な補償を備えた上で、保険料を削減する火災保険選びを契約までサポートをします。

家計改善、保険の見直し相談(ご希望者の方)

住宅購入のタイミングは、家計を見直す良いタイミングでもあります。
将来の資産UPにつながる家計改善を提案します。

引渡しまでセカンドオピニオン

家を購入する過程で、いろいろな選択と決断が求められます。
住宅の専門家として、購入者の立場から、のちのち後悔することのないよう、気づきにくい選択肢を提示します。
また、迷ったとき、疑問や不安を感じたときのセカンドオピニオンやアドバイスを提供します。

住まいの購入独立サポートの費用

物件価格サポート料金 ※税抜
5,000万円未満180,000円
5,000万円以上240,000円

※サポート期間は、引渡しまでもしくは1年間となります

費用対効果について

例えば…、4,000万円の家を購入すると、
ほんとうにざっくりとですが…、

◎購入時の諸費用(250万円)
◎ローン完済までの費用(5,000万円~)

くらいはかかります。※1

削減効果は、1人1人異なりますが、お一人で購入される場合と比べて、サポート費用以上の削減効果が出る場合がほとんどです。
ライフプラン、不動産購入のリスク削減、セカンドオピニオン提供含め、実質無料と考えて頂いても結構かと思います。

※1 購入する物件、資産性や自己資金、住宅ローン商品によって変わります

アメリカなどでは家を買うときに第3者の専門家やファインシャルプランナーなどに相談することは普通です。
家という大きな資産を長期間の借入で購入するという意味では、他の商品とは異なり、後悔・失敗はできません。

是非サービスのご利用を検討ください。