マイホーム予算と年収の関係

マイホームの予算を決める上で年収はもっとも大きな要素です。

ただ、マイホーム予算は、

  • 年収の〇倍以内まで
  • 返済負担率は●%以内まで

というのは、あまり意味がありません。

下図は、2020年度に家を購入した人の住宅資金が年収の何倍になっているかを調査したものです。

マイホーム予算 収入倍率
2020年度 フラット35利用者調査 (住宅金融支援機構)
購入する家年収倍率
土地付き注文住宅7.4倍
マンション7.0倍
建売住宅6.8倍
注文住宅6.7倍
中古マンション5.8倍
中古戸建て5.5倍

ここ20年日本の実質賃金は上がっていない一方、不動産の価格は金融緩和の影響もあり上昇しています(地域性はありますが)

その結果、10年前と比べても、年収に対するマイホーム予算は増えていることが分かります。

特に、マンションは戸建てと比べ年収倍率の上昇が大きく、10年前と比べて1倍くらい違います。

これは、年収600万円の方であれば、マイホーム予算が600万円増えているということです。

確かに、家を買うとなればそのための予算は必要です。

ただ、注意して頂きたいのは、

・物件価格・不動産価格に合わせすぎない
・(金利低下で)借入しやすい点に注意する

ことです。

マイホーム予算を年収だけで決めると後悔する3つの理由

マイホーム予算を年収だけで決めると後悔する理由は、次の3つです。

  1. 年齢によって収入見通しが違う
  2. 家族構成やライフスタイルで支出が違う
  3. マンションと戸建てで維持費が違う

1,年齢によって収入見通しが違う

マイホームを始めて買われる方の年齢は、年々上昇傾向にあります。

また、購入する家の種類によっても年齢に差があります。

注文住宅39.1歳
分譲戸建て36.8歳
分譲マンション39.4歳
中古戸建て42.8歳
中古マンション44.8歳
令和元年度 住宅市場動向調査報告書(国土交通省)

例えば、37歳で家を買うのと42歳で家を買うのでは5歳年齢差があります。

65歳でリタイア想定をする場合、現役世代の収入の期間は、28年間と23年間の違いがあります。

仮に年収600万円とすると、
5歳年齢が違うと3,000万円の総収入の違い
がリタイアまでに現れます。

つまり、年齢(収入の見通し)によって無理のないマイホーム予算も変わるということです。

詳しくは、こちら↓の記事でもまとめていますので、宜しければ参考にして下さい。

マイホームで予算オーバーとならないために一番重要な年収・世帯収入の見通し

2,家族構成やライフスタイルで支出が違う

下図は、4人家族の生活費の内訳をあらわしたものです。

家計支出
令和元年「家計調査」(総務省)
品目毎月の支出額
食料品82,980円
交通費・通信費62,842円
教養・娯楽費35,360円
教育費31,473円
電気・ガス・水道23,155円
衣料品14,486円
家具・家事用品12,576円
保険・医療費12,108円
その他(諸雑費、お小遣い等)54,680円
合計329,660円

これは、4人世帯の総務省統計値であり、全国平均値です。

4人世帯でも人それぞれ違いますし、3人家族、5人家族になると当然違います。

あなたのご家庭ではいかがでしょうか?

ライフプラン作成時に家計の状況をお聞かせ頂きますが、

・食費
・(お子様にかける)教育費
・保険・医療費


などは、特に差が出やすい傾向です。

毎月の生活費が違うとどれくらい変わるか?

お子様が独立するまで30年間としたとき、毎月の生活費の違いはどれくらいになるか?

毎月の生活費の差30年間の総支出の差
1万円360万円
2万円720万円
3万円1,080万円

物価上昇率などは考慮していませんが、毎月の違いは長い目でみると大きな違いになります。

皆さん、人それぞれライフスタイルやお金の使い方の違いがあります。
また、求める生活レベルも異なります。

ありがちなのは、住宅ローン返済できても、我慢しなければならないことが増えた、趣味や旅行に使えるお金が減ったということです。

それが分かった上でマイホーム購入をしていればよいですが、のちのち生活レベルを落としてまでマイホーム購入をしなければ良かったとなると本末転倒です。

3,マンションと戸建てで維持費が違う

マンションを買うか、一戸建てを買うかで、経済的な面でもっとも違いがでるのは、維持費です。

家は資産ですので、固定資産税はじめ維持管理するためのコストがかかります。

マンションの場合、共用部分の管理費、修繕積立金が必要になる分、長い目で見ると一戸建てより維持費は多くなる傾向です。

つまり、購入後の維持費含めた「住宅コスト」が違う分、同じ年収でもマイホーム予算は変える必要があるということです。

どれくらいの差があるのか?
詳しくはこちらの記事でもまとめていますので、よろしければ参考にして下さい。

予算オーバーにならないために、
 マンションと一戸建てでマイホーム予算を変える理由

【関連記事】
戸建て住宅の維持費っていくらかかる?
 ~家を買ってから後悔しないために~


中古マンションの専有面積で、維持費と住宅コストはこれだけ変わる

まとめ

これまでマイホーム予算を年収だけで決めると後悔する理由についてまとめてきました。

では、どのようにマイホーム予算を決めればよいのでしょうか。

それは、ライフプランを作成することです。

ライフプランは、先程挙げた3つの理由

  • 購入時の年齢(収入見通し)
  • 家族構成やライフスタイルによる支出の違い
  • マンションと一戸建ての維持費の違い

1人1人の状況に応じて反映させることができます。

弊社でもそちらをおすすめしています。
マイホーム予算物件診断サービス

宜しければご活用ください。

【関連記事】
FP、不動産営業マン、金融機関、住宅ローン相談相手のメリットと注意点まとめ


住宅会社?FP?住宅ローンを誰に相談する?~表面上の金利だけで比較すると後悔するかもしれません~

マイホーム 不安 相談
マイホーム予算物件診断