マンションか一戸建てか?

マンションか一戸建てか?

それぞれ一般的なメリット、デメリットと言われるものはありますが、この記事では、そういった一般的なポイントと違う視点で、一戸建てを購入する場合の注意点についてまとめてみました。

一戸建てを購入したいという方はもちろん、一戸建てとマンションで迷っているという方も、是非参考にしてみてください。

一戸建て購入の3つの注意点

一戸建てを購入する際、皆さん、

  • 土地建物の広さ
  • 周辺環境や立地条件
  • 間取りや生活動線
  • 日当たりや風通し
  • 近隣住戸や道路との関係
  • 建物の状態、メンテナンス履歴

など、さまざまな点をチェックされると思います。

今回は、こういった一般的なチェックポイントとは少し違う視点で注意すべき点を以下3つ挙げてみました。

1,購入エリアとの関係
2,売出価格
3,新築と中古の判断

購入エリアとの関係

家を買うなら一戸建てという人もいれば、一戸建てとマンション両方を視野に入れ、物件次第で判断する人もいらっしゃるかと思います。

一戸建てにこだわる理由は買われる方それぞれあるかと思いますが、購入する場所によっては、なかなか前に進まないという可能性があります。

例えば、弊社の主な活動エリアであります阪神間でも、不動産市場の違いがあります。

  • マンションが多く流通するマンション市場
  • 一戸建てが多く流通する戸建て市場
  • 両方同じくらいの市場

神戸市東灘区や西宮市南部は、マンション中心の市場となっています。

そういった場所では、一戸建ての流通量は少なくなります。

流通量が少ない地域で一戸建てを探す場合、なかなか物件が決まらないといったことも起こりやすくなります。

そして、流通する物件も、希少性の高いエリアで条件の良い高価格帯の物件、一方、特に新築分譲などは、狭小敷地、3階建てといった物件が多くなる傾向にあります。

狭小敷地や3階建てを否定するつもりはもちろんありませんが、住環境以外にも将来の売却なども考える場合、注意も必要です。
一戸建ての場合、建物の価値は減っていく一方、最後に資産として残るのは償却されない土地です。

ですので、将来の資産価値なども踏まえた住宅購入をしたいということであれば、立地含め、土地の広さや道路付けといったことは、特に注意が必要です。

また、エリアによって、なかなか予算や希望する条件にあう物件が見つからず、時間が過ぎていくという場合もあります。

マイホームに求める条件や予算との整合性という意味で、購入するエリアによっては、一戸建て購入の難易度が上がる場合があります。

神戸阪神間の住宅購入

売出価格

不動産はもともと他の商品と比べても、個別性が高く、その結果比較が難しく、価格が分かりにくい商品であります。

そのなかで、一戸建てはマンション以上に適正価格、相場が分かりにくいです。

価格を決めるのは、新築であれば分譲する住宅会社や不動産会社、中古であれば売主様が不動産会社の査定をもとに売出価格を決めています。

ただ、適正価格が分かりにくいということは、売出価格にも幅が出やすいということです。

例えば、一戸建ての流通量が少ない希少エリアで、比較的条件の良い物件が出ると、かなり強気の価格設定になっている場合があります。(特に新築に多いですが…)

これは売主側の視点から考えるとよく分かります。

不動産は基本的に1つしかありませんので、希少性の高い地域で、条件の良い物件となると、値段に関係なく、もしくは予算に余裕がある人がいれば売れると考えるのは当然です。

ただ、買手側からすると、実際の価値より高い価格で購入する可能性が高くなること、新築であれば、いずれ中古物件になりますので、その時点までの資産価値の下落率が高くなる可能性が高いことなどは踏まえる必要があります。

前述の通り、一戸建ては、適正価格が分かりにくいことはありますが、価格が適正か否かという視点はマンション以上に持っていた方が良いです。

不動産会社などをうまく活用しながら慎重に判断することをおススメします。

神戸阪神間の不動産仲介

新築と中古の判断

新築と中古を比較する場合に踏まえて欲しいポイントは以下の3つです。

保証の違い

新築の場合、法律上10年間の瑕疵(欠陥)に関する保証があります。
(「住宅の品質確保の促進等に関する法律」)

一方、中古住宅の場合、個人の方が売主ということもあり、基本的にあとあと見つかった欠陥等に対する保証はないか、あっても短期間(3か月など)です。

マンション以上に1つ1つの建物が施工した会社や業者に左右されやすい一戸建ての場合、こういった保証は大切です。

住宅ローン減税の違い

新築と中古では、住宅ローン減税の最大控除額、控除期間などの違いがあります。

収入や借入金額によって実際の控除額は変わりますが、新築と中古の価格を比較する場合、住宅ローン減税額も踏まえた上で判断した方が良い場合もあります。

特に、新築分譲の一戸建てと中古一戸建ての価格差が小さい地域では、こういった保証や住宅ローン減税なども踏まえて判断が必要です

【関連記事】
2022年からの住宅ローン減税(控除)をわかりやすく解説

資産性

住宅会社や業者売主の新築住宅は、価格に利益は販売経費が含まれます。

中古住宅の場合、売主側の不動産会社は、その時点で売却できるであろう価格で売出価格の設定をします。

当然資産性という意味では、より客観的な資産価値に近い価格で購入する方が、のちのち有利となります。

また、前述の通り、一戸建ての資産価値は、最終的には土地(広さや形状、道路付けなど)に集約されていきます。

こういった点を考えると、資産性を重視するなら、より選択肢が多い中古戸建ての中で、適正価格に近く、資産性が高い、維持しやすい物件を探すという考え方もあります。

【関連記事】
新築・中古どっち?マイホーム購入で迷うとき、後悔しないための5つの視点

まとめ

一戸建てを購入する場合の注意点について、3つの視点から挙げさせて頂きました。

一戸建てを購入する場合、さまざまな点をチェックされると思います。

ただ、その前に購入するエリアによって、希望する条件と合わない、予算と価格が合わない、結果的に思うように家探しが進まないということもあり得ます。

是非参考にしてみてください。

マイホーム 不安 相談
マイホーム予算物件診断サービス
オンライン物件情報提供サービス