2019年10月消費税UPとマイホーム購入

以前延期となった増税時期を来年2019年10月に迎えます。

8%から10%への2%のUPは、住宅という大きな買い物をするときに影響は少なくありません。

そこで、マイホーム購入でできるだけ税金の負担を少なくするにはどうすれば良いか、購入する物件による違いをまとめてみました。

注文住宅で家づくり

土地には消費税はかかりません。かかるのは建物代金に対してです。

注文住宅の場合、通常、土地が決まると建物の工事請負契約を交わし、着工、引渡しと進んでいきますが、土地探しから始めて1年以上かかることは普通です。

そこで消費税5%から8%への増税時もそうでしたが、今回の消費税増税について経過措置が設けられています。

消費税8%が適用になるための条件は以下の2つです。

1、物件の引渡しが2019年10月1日までに完了している
2、工事請負契約が2019年4月1日まで交わされている

このどちらかを1つでも満たせば8%の消費税でいけます。

1の要件は当然ですが…、引渡しが来年10月1日に間に合わないという場合でも、工事請負契約をその6ヶ月前の4月1日までに交わしていれば、8%の消費税が適用される経過措置があります。

恐らく、今後消費増税を意識した駆け込み需要も増えてくることが予測されます。そうすると、建築工事期間が通常よりかかることが予想されますし、無理な工期で進めることは違う弊害がでそうです。請負契約自体を来年4月1日までに交わせば、工期的に無理をする必要はなくまります。

請負契約を来年4月1日までに交わすとなると、土地探しから始める場合、年内位までに土地が決まっているのが理想的な感じです。工事請負契約は、建物のプランや仕様、そして予算をしっかりと決めてから契約することが理想です。住宅会社は、できるだけ早く契約をさせたいと考えているはずが、そういった時間を考えると土地探しはできるだけ早い方が良いかもしれません。

新築分譲住宅の購入

新築の分譲物件の場合、住宅会社や不動産会社、デベロッパーが分譲し売主となります。この場合、消費税がかかります。ただ、消費税の対象となるのは、土地を除いた建物部分に対してだけです。

物件資料に税込と書かれているものと書かれていないものがありますので要確認ですが、不動産業界の商習慣としては、販売価格は税込表示とされています。

また、売主の住宅会社から直接購入する場合、仲介手数料はかかりませんが、仲介会社を通して購入する場合、仲介手数料が必要になりますし、この仲介手数料にも消費税がかかります。

中古住宅を購入

中古住宅を購入する場合は、どちらかと言うと個人の売主さんから購入という場合が多いです。そして、個人間売買の場合、消費税はかかりません。消費税は事業者が事業として行うものに課税されるものだからです。

ただ、中古マンションを購入するでも、中古物件を仕入れて、リフォームやリノベーションを施し、再度販売するいわゆる再販業者から購入する場合、消費税がかかります。

また、中古住宅を購入する場合、購入後リフォームをすることも多いですが、リフォーム代金にも消費税はかかります。税率は、2019年10月1日時点で工事が完了しているか否かによります。

中古物件を購入する場合、引渡しを受けたあとでリフォームの工事を始めるという流れが一般的です。リフォーム工事も規模によっては1~3ヶ月位かかることがあります。また、マンションの場合ですと、リフォームの工事を実施する前に管理組合への申請(届出)、承認が必要です。

・物件探し
・購入申し込み
・売買契約
・住宅ローン契約
・引渡し・リフォームの工事内容について管理組合に申請
・リフォーム工事着手
・リフォーム工事完了
・入居

こういった申請やリフォームにかかる工期も含めて、住宅購入のスケジュールを考えることも必要かもしれません。

マイホーム購入に合わせて、家具や電化製品、カーテンなど購入される方も多いはずです。2%といっても消費税の差は小さくありません。

その他、住宅ローン諸費用や火災保険など

その他、消費税がかかるものとして、

  • 住宅ローン事務手数料
  • 司法書士報酬

などがあります。

反対に、住宅ローン保証料、火災保険料などには消費税がかかりません。

住宅ローンの諸費用として必要となる事務手数料や保証料ですが、一部金融機関では、融資手数料型と保証料型で選択できるようになっています。

融資手数料型は保証料型と比べ、住宅ローンの適用金利が低く設定されていますが、融資手数料型は、借入金額の2%など、保証料を一括で支払う場合より諸費用が大きくなっております。

また、将来、繰上げ返済等で借入当初より返済期間が短くなった場合保証料は一部返ってきますが、融資事務手数料型は返ってきません。

 

消費増税を気にしすぎての駆け込み購入には注意

このようにマイホームを購入となると消費税が関係することは少なくありません。

ただ…

住宅会社さんや不動産会社、売主さんからすると、消費税増税のタイミングは売り時

です。

つまり、いつもの時期と比べて強気でいきやすい時期でもあります。反対に購入者側は、消費税が上がる前に決めてしまいたいという思いが強くなっています。ですので、あまり消費税にこだわりすぎて、高値で買ってしまう、あるいは、購入物件についてあとあと後悔することには注意したいところです。

住宅は大きな買い物ですから消費税の負担も大きいのですが、逆に、税負担が100万円増えたとしても、10%時に購入したほうが経済的にも物件的にも良かったと…いうこともありえます。

 

また、住宅ローン減税や住まい給付金のように、消費増税に合わせて給付額や給付基準が変わるものもあります。

くれぐれも消費税増税の掛け声に踊らされ過ぎないように冷静に判断しましょう。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
あなたの住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表から算出する無理のない購入予算と物件選びを把握する「マイホーム予算・物件診断サービス」こちら

マイホーム予算・物件診断サービス