あなたの住宅購入相談室  > お役立ち情報  > 半日で家を決めました ~物件選びにかけられる時間~

半日で家を決めました ~物件選びにかけられる時間~

  マイホーム購入で失敗は許されない


 

誰しも何か物を買ったあと…

後悔はしたくないはずです。

 

私自身は、あまり「物」に執着心がなく、

どちらかと言うと、

旅行や趣味(テニス)や付合いなど、

あまり形としては残らないものに

お金をかけるほうで…、

 

何か物を買うのにあまり迷うことも

少なかったんですが…

ただ、過去に1度新車を購入したときに、

購入から1週間も経たないうちに

「もう1台のほうにしとけば良かった~」

とひどく後悔したことがあります。

 

それ以来、多少買い物にも慎重になった

ように思います???

 

ちなみに、その車…買って1週間くらいで

鉄柱にぶつけ…

ますます後悔したことを憶えてます。

 

 

マイホームの場合、

買ってから後悔しても…

時すでに遅しです。

 

当然ですが、

 

 ・毎日の生活
 ・毎日の通学・通勤、買い物
 ・毎月の住宅ローンの返済
 ・毎年の固定資産税の支払い
 ・(10年に1回は)火災(地震)保険の支払い

 

など、後悔しても続きます。

 

以前に、

家を新築し、

新しい土地に住んでみたものの、

どうしてもその場所に住みたくない、

家を売って前の住所に買い直したい、

 

という相談を受けたことがあります。

住みはじめて3ヶ月の方でした。

 

ただ、

売却して買い替えるといっても

資金的にすぐにどうこうできる

という状況ではありませんでしたので、

繰上げ返済をできるだけ頑張って、

早く引越しができるようにしましょう…

としかその時は言えませんでした。

 

 

 

   物件選びにかける時間・かけられる時間


 

一生に1回かもしれない、大きな買い物

である住宅の場合、失敗したときの

後悔は半端ないです…

 

なので慎重に…じっくりと…時間をかけて

購入すべきではあるんですが、

実際問題、そういうわけにはいかない

状況も多々あります。

 

先日も、仲介会社の担当者の方と話をしていて、

買われる方は、物件を探し始めて

3ヶ月以内には決められる方が多いそうです。

早い方は、物件探しを始めてから、

1週間もたたないうちに決められる方も

いるようです。

 

ただ、この3ヶ月という期間、

それは1つの物件を購入するか否かの

意思決定にかけている時間ではありません。

 

例えば、

分譲マンションや戸建て住宅を購入する場合など、

 

物件を初めて見てから、

入の意思決定にまでに

そんなに時間をかけれない

 

という場合があります。

 

人気物件だと、

物件広告をうち、

その広告を見てすぐに購入申込が入る…

という感じで、

広告を出して半日も経たないうちに

決まる物件もあります。

 

その物件を購入するかどうかの意思決定が

数時間、という感じですね。

 

その話題に出た物件は、

快速停車駅直結のシンボル的マンションで、

人気が高い物件でしたので、

買主が競合する可能性は非常に高く、

もたもたしていると、

他の人に持っていかれてもおかしくない

物件でした。

 

即決された方が、決めるまでの間に

どれくらい物件探しをしてきたかは

分かりませんが、

自分の条件に合った物件が出た場合には

購入しよう…と決めていたんでしょうね。

 

 

 

 あまり時間をかけられないときのための準備


 

住宅購入で、

自分の条件を全て満たす物件を探すことは

かなり難しいことです。

 

何かを優先し何かをあきらめるという

判断が必要になります。

 

なので、選ぶ基準はいろいろとありますが、

自分がどういう条件を優先するかを、

物件探しの前に決めておくのは重要です。

 

ただ、

条件に合う物件が見つかった…

買いたい物件が出てきた…

そのとき、価格が

自分の予算より高い場合どうするか?

 

まずは、価格交渉をするためにも

買付けの申込は入れるべきです。

 

ただ、出たばかりの物件や好立地など

いわゆる人気物件は、

なかなか値段交渉が難しいこともある

でしょう。

 

 ・目の前に気に入った物件がある。
 ・決断にかける時間はあまりなさそう
 ・でも、予算オーバー

 

そういう場合のためにも、

物件探しの前に、

 

 

 ・購入後も問題なく生活できる予算
 ・自分が住宅購入にかける予算

 

をしっかりと把握しておくべきです。

 

無理のない購入予算が4,500万円…

ただ住宅購入にかける予算は、4,000万円まで

と決めて物件探しをしているとき、

気に入った物件が4,200万円の場合、

価格交渉をするにしても決断は早くなります。

 

市場には、自分が気に入る物件が

いくつもあるというわけではありません。

 

買主が競合する人気物件に当たったとき、

考える時間はあまりありません。

 

そのとき決断を早くしつつ、

のちのち高い買い物をしすぎた~

という後悔をなくすためにも

予算をしっかり把握することは重要です。

 

あの物件を買っておけば良かった~

という後悔もなくなるかもしれません。

 

»»»関連記事«««

「住宅」という商品だからこそ必要な価格交渉

住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表を作成する意味

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

あなたの住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表

から算出する無理のないマイホーム購入予算を把握する

「マイホーム予算診断サービス」は、こちらから

マイホーム予算診断サービス

 

お電話でのお問い合わせはこちら

078-202-6717

10:00~18:30 平日・土日《定休:水》
初回相談は無料です(約60分)。お気軽にお問合せ下さい。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。