あなたの住宅購入相談室  > お役立ち情報  > 住宅購入に必要な「第3者」の評価

住宅購入に必要な「第3者」の評価

 「第3者性」とは…


 

政治資金の不適切な流用問題で追及を受けている

東京都の舛添知事ですが…

会見を見ると、

「第3者の厳しい目で…調査してもらう…」

という言葉を頻繁に使われていますね。

 

ただ、この連呼される「第3者」という言葉に

違和感を感じずにはいられません…

 

調査を行った弁護士さんも、

「違法ではないが不適切…」など、

一見厳しいようにも見えますが、結局は

違法ではないから返金すべきものは返金して

終わりにしましょう…というように

聞こえてしまいます。

 

この調査の目的は、

この問題の早期収束、落としどころを見つける

ための調査報告というように私には見えました。

 

舛添さん言う「第3者の厳しい目」という言葉は…

橋元前大阪市長も言っていますが矛盾しています。

 

「第3者」とは、簡単に言うと

 

 ・当事者の立場ではない人
 ・当事者と利害関係のない立場の人

 

を言いますが、

舛添さんが依頼している時点で、その弁護士さんと

利害関係が生じており、この調査に関してとても

「第3者」と言えるものではありません。

 

 

 

 住宅購入の場面で必要な「第3者性」


 

なんでこんな話をするかというと

住宅購入でもこの「第3者性」が問題となることは

多いからです。

 

例えば、

「ホームインスペクション(建物診断)」です。

 

以前、

(住宅購入で失敗しないための「建物診断」と「お金の診断」)

にも書きましたが、

 

ホームインスペクション(建物・住宅診断)とは、

建築士・設計士などの専門家が、住宅の劣化状況や

欠陥の有無、修理改修すべき箇所などを

「第3者的な立場」から確認を行うことです。

 

 

ホームインスペクションは、いろいろな目的で

利用できます。

 

 ・購入に当たり目に見えない家の状態を知りたい

 ・物件の欠陥の有無や劣化状態を知りたい

 ・購入後リフォームが必要な場所、費用が知りたい

 ・瑕疵保険を適用するため

       ※瑕疵保険とは、購入した住宅の瑕疵や欠陥に対して
    一定の期間一定の箇所について保証する保険

 

などです。

ただ、こういったことを調査するとなると、

第3者性すなわち客観的な評価が重要になってきます。

 

売主や住宅会社から報酬をもらった専門家に

建物診断をしてもらっても、「第3者性」が確保されて

いないという意味では、十分な建物診断とは言えない

でしょう。

 

特に中古住宅を購入する場合、土地や建物の状況が

どうなっているか非常に気になります。

 

建物について、床下や小屋裏(屋根裏)など普段

利用しない、目にすることのない箇所は、売主さん

自身もどんな状態になっているか分かっていない

ことも多いです。

 

また、壁や天井などの劣化状況や雨漏れなどの症状

について、一般の人が判断することは難しかったり

します。

 

なので、ホームインスペクションを利用すること

によって、建築士などプロにしっかりと建物の状態

を確認してもらうわけなんですが…

 

その「依頼の仕方」は、非常に大切です。

 

 

買主が購入を検討する物件の状態を知り、購入

するか否かの判断材料にするために建物診断を

行うのであれば、それは、買主の(利益)ために

行われるものです。

 

とすると、本来は買主が調査に要する費用を

払い、専門家に建物診断を依頼するというのが

本来の依頼方法だと思います。

 

ただ、そうではないケースも多くあります。

例えば、「ホームインスペクション付の仲介」

を行っている会社があります。

 

どういった形で建物診断が行われるかというと、

 

 ・仲介会社が依頼した専門家が建物診断
 ・仲介会社のホームインスペクション部門
 ・仲介会社の関連会社が行う建物診断

 

という感じです。

 

確かに形式的には仲介会社ではない

「第3者」が行っているとも言えますが…

 

ただ、仲介会社は不動産取引に関して利害関係が

あります。不動産取引を仲介し報酬を得ることが

仕事ですから、買主がその物件を購入するかどうか

の判断に当然大きな利害関係があります。

 

となると、

建物診断に最も必要とされる「第3者性」が、

本当に確保されているか、ということは

考えた上で判断しなければなりません。

 

ただ、こういった形で実施される建物診断の

意味がないと言っている訳ではありません。

ホームインスペクションの認知度はまだまだ

低く、普及途上にあるサービスです。

買主さんがそういったサービスの存在を知り、

買主さん(場合によっては売主さん)への

サービスの付加価値として、営業的な面から

仲介会社さんが提供されている面もあります。

 

ただ、本来の建物診断の依頼方法としては、

第3者性が確保されているとは言えません。

 

舛添さんの場合でも…もしかすれば、

調査した弁護士さんは本当に第3者として

客観的な目でしっかりと調査・判断された

うえで報告書をまとめられていたかも

しれません。

 

ただ、舛添さん自身が弁護士に依頼した時点で、

その報告に対する客観的な信用性は、その内容

の正否に関係なく失われてしまっています。

信用できないと言われても仕方のないやり方です。

 

私たちが何か物を購入するときに、

誰か第3者の意見を参考にすることは多々あります。

インターネット上の口コミもその1つでしょう。

そういった意見に期待するのは、

売り手とは利害関係のない第3者の客観的評価で

信用できるという前提があるからです。

 

 

さらにマイホーム購入は大きな買い物なので、

建物診断だけでなく、お金の面でも

 

 ・住宅購入予算を決める

 ・住宅ローンや火災保険商品を決める

 

ような場合、

客観的な第3者の意見が欲しい~という場合も

あります。

 

誰が本当にあなたの立場にたって、

客観的な意見やアドバイスをくれるか?

 

誰かに相談したり意見を求めたりする際、

考えてみてください。

 

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

あなたのご家庭にとって無理のない

マイホーム購入予算を把握するための

「マイホーム予算診断サービス」はこちらから

マイホーム予算診断サービス

お電話でのお問い合わせはこちら

078-202-6717

10:00~18:30 平日・土日《定休:水》
初回相談は無料です(約60分)。お気軽にお問合せ下さい。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。