あなたの住宅購入相談室  > お役立ち情報  > 住宅購入から10年…こんなに状況が変わる!?

住宅購入から10年…こんなに状況が変わる!?

10年ひと昔などあまり言われなく

なりましたが、

今は環境の変化が早すぎて10

というと長すぎるのかもしれませんね。

 

住宅購入から10年もたつと、

いろいろと変わるものがあります。

 

そういったことを

これから住宅を購入する人も

知っておいた方が良いかもしれません。

 

 

 住宅ローン減税


 

10年で住宅ローン減税が終了します。

(もちろん利用されている方ですが)

 

住宅ローン控除は、

毎年の年末時点の住宅ローン

借入残高の1%を上限に、

所得税および住民税の一部から

10年間税金が控除される制度です。

 

私ももう少しで住宅購入から10年に

なりますが、住宅購入以降、所得税は

1円も払ってません。

所得税から控除しきれない部分に

ついては、住民税から一部控除

されてきました。

 

住宅ローン減税期間が終了すると、

当然その分の税負担は増えます。

 

特に所得が多く控除額が大きい方は、

家計への影響も少なからず出てくる

かもしれません。

 

 

 瑕疵担保責任期間


 

これは、新築住宅を購入した人が対象

となりますが、

10年間の瑕疵担保保険期間

が終了する時期でもあります。

 

これは、

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」

という法律に基づくものですが、

 

新築住宅の場合、引渡しから最低10

瑕疵(欠陥)が見つかった場合、

売主である業者やハウスメーカー、施工

業者などに補修を義務づけるものです。

 

全ての箇所について保証されるわけでは

なく、屋根や外壁、基礎部分など

 

・構造耐力上主要な部分

・雨水の侵入を防止する部分

 

に限られます。

 

また、住宅瑕疵担保履行法という法律

により、住宅の販売会社や施工会社は

住宅瑕疵担保責任保険への加入が

義務化されました。

 

その結果、10年の間に売主や施工業者が

倒産したとしても、保険法人などから補修の

ための費用を受け取ることができます。

 

普段、基礎や床下、小屋裏(屋根裏)など

あまり気にすることはないかもしれませんが、

10年を迎える前に気になる箇所含め一度

しっかりと確認するのも良いかもしれません。

 

ただし、これは引渡し後の地震や災害に

よって発生した欠陥は対象とはなりません

のでご注意ください。

 

 

 火災保険の更新


 

また、火災保険など契約期間によりますが、

10年契約で更新を迎えるという人も少なく

ないと思います。

 

2015年10月に火災保険の契約期間が

最長で10年(以前は36年まで可能)に

見直されました。

 

10年契約をしている人は更新時期を

迎えます。

同じ保険の内容で更新することもあり

ですが、

補償内容や保障額などを見直したり、

保険会社自体を変えることによって

保険料が節約できることもあります。

 

1年契約と10年契約では、同じ補償

内容であれば長期契約のほうが保険料

は安くなります。

メリットもデメリットもありますが、

10年契約で一括払いで更新するとなると、

ある程度まとまったお金が必要となります。

 

 

 当初10年固定金利タイプの商品


 

さらには、住宅ローン商品で、

いわゆる期間選択型の商品で10

固定商品を利用されている方・・・

 

10年の固定期間が終了し、

再度固定期間を選択し直すか

変動金利に移行するか

の選択を迫られると思います。

 

もちろん、他の金融機関に

借換えるという選択もあります…

 

ただ、これまで適用されてきた金利が

変わり、

毎月の返済額も変わる可能性が高い

と思います。

 

 

 家計の支出


 

そして、10年後に変わりそうな

一番大きいものは、家計の支出

ではないでしょうか。

 

お子様が幼稚園や小学校低学年

くらいの頃にマイホームを購入された

方であれば、それから10年後…

ちょうどお子様の高校や大学への進学

を迎える時期になってきます。

 

お子様の教育費が一番かかる時期

を迎えます。

 

 

・住宅ロー減税の終了…
・瑕疵担保責任期間の終了…
・火災保険の更新…
・住宅ローン返済額の変化…

 

こういった変化と同じ時期に

お子様の教育費など家計の支出が

増えても問題なくやっていけるか、

購入前に確認することは重要です。

 

 

このように住宅購入から10年、

いろいろな面で購入時とは違う状況や

環境の変化を迎えます。

 

住宅ローン返済も

住宅そのものを所有し維持することも

10年で終わる話ではありません。

 

ただ、住宅購入の場合、

1つの節目として、10年という期間が

あるのではないかと思います。

 

これから住宅を購入される方も、

20年、30年先のことを考えるのは

難しいかもしれませんが、10年先の

状況を考えるだけでも、その先を

考えるヒントになるはずです。

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

あなたのご家庭にとって無理のない

マイホーム購入予算を把握するための

「マイホーム予算診断サービス」はこちらから

マイホーム予算診断サービス

お電話でのお問い合わせはこちら

078-202-6717

10:00~18:30 平日・土日《定休:水》
初回相談は無料です(約60分)。お気軽にお問合せ下さい。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。