あなたの住宅購入相談室  > お役立ち情報  > 住宅購入後の貯蓄推移から購入予算を考える

住宅購入後の貯蓄推移から購入予算を考える

  マイホームを購入してからの不安


 

マイホーム購入は大きな買い物です。

誰しも多少なりとも不安になるのは

当然です。

 

その不安の一番の要因…それは、

 

住宅ローンを本当に返済していけるか、

 

ということです。

 

もっというと…

 

住宅ローン返済をしながら、

問題なく生活をすることができるか、

 

ということだと思います。

 

200万の車を5年ローンを組んで

購入したことがあっても、

3,000万円を30年ローンを組むとなると

金銭感覚的にも時間的にも異なります。

 

こういった不安を解消する

1つの方法として、

 

住宅購入後の

 

・収入と支出の状況
・貯蓄の推移

 

を確認するという方法があります。

 

住宅購入後の、

必要な時期に必要な貯蓄が確保できるか

 

ということを確認するわけです。

 

 

 

   住宅購入後の貯蓄が必要な時期


 

貯蓄についても、

ライフスタイルやお金の使い方で

必要な額も違います。

 

「マイホーム予算診断サービス」で、

ライフプラン表、キャッシュフロー表を

作成しますが、当然1人1人異なります。

 

住宅購入予算診断するなかで、

貯蓄の額を確認する時期として、

 

 ・教育資金が一番必要となる時期
 ・お子様が独立する時期
 ・リタイアする時期
 ・80歳時点

 

が多いです。

 

 

 

1、教育費が一番必要となる時期

 

子供の教育費が一番かかる時期は、

やはり大学進学時です。

奨学金など利用せず、必要な教育資金を

準備できているかを確認します。。

 

特に、子供が2人、3人いて、

進学時期が重なると本当に大変です。

恐ろしいくらいお金は出ていきます。

 

こういった時期は、

1年間の収入と支出の状況

つまり、

年間収支でいうと、

マイナスになることは珍しくありません。

貯蓄を食いつぶす時期になります。

 

そのときに教育資金として、

それまでの貯蓄や学資保険などで

問題なく生活できれば良いのですが、

極端に貯蓄が少なくなったり、

最悪の場合、貯蓄がマイナスになる

という赤字家計に転落することも

あります。

 

そういうことも含め確認します。

 

 

 

 

2、お子様独立時

 

お子様が独立すると家計の状況は

変わります。

教育費がなくなるとともに、

お子様の独立によって

それまでかかっていた

通信費や生活費(家を出る場合など)、

光熱費なども減ることがあります。

 

なので、

その時点で住宅ローンの返済が

まだ終わってなければ、

 

その時の

貯蓄と住宅ローン残高、

家計の年間収支状況

を確認して、

 

繰上げ返済含め、住宅ローンの返済計画

を見直すタイミングでもあります。

 

また、こういったことを、

マイホーム購入時に把握できると

住宅ローン商品の選択にも影響します。

繰上返済ができそうなタイミングを

ある程度把握することで、

結果的により条件のよい住宅ローン

商品を選択できる場合もあります。

 

 

 

3、リタイア時

 

  60歳…
  65歳…
  70歳…

 

人それぞれリタイアする…したい!

年齢は異なります。

 

また、リタイア後に、

 

 ・旅行がしたい…
 ・移住したい…
 ・趣味にお金をかけたい…
  

なかには

 ・お店を持ちたい…

 

などいろいろなセカンドライフが

考えられます。

 

そういったリタイア後の希望も

考えながら、

リタイア時の貯蓄残高を確認します。

 

老後資金を算出する方法として、

例えば、

65歳でリタイアから

90歳まで生きると想定して、

 

25年間の生活費-年金支給額

 

です。

 

老後に必要な生活費も、

23万でいけるという人もいれば、

27万必要という人もいます。

 

人それぞれお金の使い方が違うので、

一概にはいえませんが、

必要な老後資金に対して、

どれくらいの貯蓄残高になるかを

確認します。

 

 

4、80歳時

 

2015年における日本の平均寿命は、

男性が80.79歳、女性が87.05歳です。
(厚生労働省)

 

有料老人ホームなど、

施設に入られる方の約半数は

80代で入居されるようです
HOME’S介護調べ)

 

セカンドライフというより

サードライフといえるかもしれませんが、

80歳以降の人生を考えて、

その時点での貯蓄残高を確認します。

 

例えば、

高齢者向けの施設に入るとしても、

費用的にも本当にもいろいろあります。

これから高齢者向けの施設の

サービスや料金体系がどう変わるか

わかりませんが、

1つの目安として、

80歳時点の貯蓄残高を知っておいて

もらうことで、

住宅購入予算を決める参考にもなります。

 

同時に、この時期になると

自宅を売却するということも

考えられます。

 

自宅を売却する場合、

売れるか否か?いくらで売れるか?

によって貯蓄は大きく変わります。

 

 

 

平均寿命はこれからますます

長くなっていくことが予測されます。

 

だからこそ、住宅購入時点で、

住宅購入後のポイントとなる時期で

貯蓄残高がどれくらいになるのか

を知ることは、より意味をもつと

いえます。。

 

いずれにしても、

 

住宅購入後の貯蓄の推移を確認することは、

購入予算を決める上で、

非常に大きな判断基準となる

ことは間違いありません。

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

あなたの住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表

から算出する無理のないマイホーム購入予算を把握する

「マイホーム予算診断サービス」は、こちらから

マイホーム予算診断サービス

 

お電話でのお問い合わせはこちら

078-202-6717

10:00~18:30 平日・土日《定休:水》
初回相談は無料です(約60分)。お気軽にお問合せ下さい。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。