最近友人と話をしていて
子どもが来年留学をしたい、

と言い出したそうです。

 

留学にかかる費用…

・留学のための学費:110万円
・留学中の生活費:60万円~
・日本の大学の学費:110万円
・その他、準備費用:20万くらい?

しめてその年に必要なお金300万円弱…

 

奨学金を利用するという方法も
ありますが、そうでなければ
かなりの負担ですね。

 

留学費用まで準備するかは別として、

子どもが

・これをやりたい…
・こういった勉強をしたい…
・こんな経験がしたい…

と考えたときに

子どもにやる気も可能性もあるのに、
お金がないから無理…ということは
親としてできれば避けたいところで
あります。

 

ご相談を受けるなかで、

これからお子様をもう1人欲しい、
という方は少なくないです。

これから家族が増えていくなかで、
無理のないマイホームの購入予算を知りたい
と考えられるのは当然です。

 

3大資金といわれる

・教育資金
・住宅資金
・老後資金

 

順番的に一番最初の住宅購入予算は、
他の2つにも大きく影響します。

 

予算診断を作成させて頂く上で
お子様の進路や子育て費用を
一旦は決めるわけですが、

例えば、

2人のお子様がいて
2人とも国公立の大学進学
と想定される方も少なくありません。

 

ただ、統計的には2人子どもがいて
2人とも国公立の大学へ進学するという
確率はかなり低いようです。

 

希望的観測は、
予算診断作成上はNGですので、
1人もしくは2人とも私立大学と
変更させて頂くことも多いです。

 

また、私立の大学といっても
文系と理系、医学系など
選択する学部によっても、
自宅通学か自宅外かによっても
大きく変わります。

 

そして、 こういった教育費用を
準備される方、大学から奨学金で…
と割り切られる方、考え方はさまざまです。

 

ご家庭の状況にもよりますし、
何が正解かは人それぞれでしょうし、
考えていた通りにならないことも
あるでしょう。

 

なので、お子様の教育資金については、

「子どもの教育費をどこまで準備するか」

ということを住宅購入の段階で決める作業
であり、その作業が重要だったりします。

 

つまり、

・住宅ローン返済
・固定資産税や維持管理費
・教育資金のための積立

これを同時に考えることによって、
お金の使い方を決める作業でもあります。

 

別の言い方をすれば、
家を買ったから子どもの教育にかけるお金が
準備できなかった…
と後悔することがないようにすることでも
あります。

 

そして、こういったことを住宅購入時に
考えておくことは、

その資金が必要となるまでの時間を
有効活用するという意味でも重要です。

18年間で準備するのと、
10年間で準備するのでは
難易度は全然違います。

 

教育費、老後資金が必要となるタイミング、
それまでに計画的に準備することが一番
重要です。

 

そのために予算診断サービスでも、
住宅購入後のキャッシュフローを作成し、
「毎年の貯蓄目標」を提示させて頂いています。

 

住宅という大きな予算を決める際に、
住宅購入後のキャッシュフロー表を作成する
ことは、

「時間を有効活用」し、
「あとで後悔しない」

ために大きな意味があります。

 

特に、お子様の教育費が重なる時期に、
資金的にショートしないかの確認をした上で
住宅購入予算を決めて下さいね。

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
あなたの住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表
から算出する無理のないマイホーム購入予算を把握する
「マイホーム予算診断サービス」は、こちらから

マイホーム予算診断サービス