あなたの住宅購入相談室  > お役立ち情報  > 住宅ローン返済リスクにかかるお金、かけるお金

住宅ローン返済リスクにかかるお金、かけるお金

 住宅ローンにまつわるリスク


 

国の調査では、住宅購入者の7割以上は、

住宅ローンでマイホームを購入するようです。

 

ただ、住宅ローンは大きな借入ですから

当然返済にともなうリスクもあります。

 

そもそも借入金額が大きすぎたり…

金利が上昇して…

 

 ・返済額が増える(将来の貯蓄が減る)
 ・住宅ローン返済以外のお金が足りなくなる
 ・返済自体ができなくなる

 

リスクなどがあります。

 

この住宅ローンに対するリスクに対し、

契約者がかけているコストがいくつか

あります。

 

 

 

 住宅ローン保証会社への保証料


 

 

住宅ローンの審査によって、

 

 ・借入できるかどうか
 ・できるとしても借入額はいくらか
 ・何%の金利で借りられるのか

 

など決まります。

 

この審査、

銀行だけが行うわけではありません。

保証会社も行います。

 

保証会社とは、簡単にいうと

万が一住宅ローン契約者が返済不能になった場合、

契約者の代わりに銀行へ住宅ローンの残債を

支払ってくれる会社です。

 

 

保証会社の仕組みとして、

一般的には以下のようになっています。

 

住宅ローン 仕組み

 

これをみると、

住宅ローン契約者が返済不能となった場合

のリスクを負うのは、銀行ではなく保証会社です。

 

住宅ローンは、多額のお金を

20年、30年という長期間の借入を行います。

 

その借入に対し、

保証人を探すことは通常困難です。

 

そこで、

住宅ローン契約者が保証料を支払うことにより、

保証会社が契約者の債務を保証するわけです。

 

なので、保証会社は、住宅ローン契約者の

返済能力を事前に確認するわけです。

 

ただ、住宅ローン契約者が返済不能になった

場合でも、保証会社が代わりに支払うだけで、

※代位弁済といいます

借入がなくなるわけではありません。

 

住宅ローンという大きな借入を、

保証人なしでするためのコストとして

保証料を払うわけです。

 

 

 

 団体信用生命保険料


 

 

民間の住宅ローンでは、融資の条件として

団体信用生命保険に加入できる必要があります。

 

団体信用生命保険とは、

住宅ローン契約者が死亡や高度障害により、

住宅ローンが支払えなくなった場合に、

保険金で住宅ローン相殺するための保険です。

 

つまり、

死亡や高度障害で返済できなくなった場合の

リスクに対するコストです。

 

 

 

 固定金利を選択(リスクプレミアム)


 

 

金利が上昇した場合のリスクですが、

 

変動金利タイプを選択した場合

金利上昇リスクは、借入した人が負い

全期間固定金利タイプを選択した場合

金利上昇リスクはありません。

 

ただ、その分変動金利と比べ高い金利

を固定金利タイプの場合支払うことが

必要です。

 

つまり、固定金利を選択することで、

変動金利より高い金利(コスト)を支払い、

金利上昇リスクを回避している

ということです。

 

融資する銀行側からみると、

 

■変動金利を選択した場合

金利が上昇すると返済額も増えますので、

銀行の利息収入もそれだけ増えます。

 

■固定金利を選択した場合

金利が上昇しても返済額は変わりませんので、

銀行の利息収入は変わりません。

 

なので、銀行の住宅ローンの担当者の中には、

やたらと変動金利タイプを奨めてくる人も

います。

 

 

 住宅購入後、無理な生活にならないように…


 

住宅ローンの返済によって

 

 ・教育費や老後資金が足りない
 ・好きな趣味や生きがいを我慢する
 ・無理な節約生活を強いられる
 ・必要以上に働かなければならない

 

など…住宅購入後の生活に対するリスク

があります。

 

住宅ローンを借りた日本人の殆どの方は、

完済します。

 

ただ…住宅ローンは完済できた、

でも…住宅ローン返済のために、

 

 ・本当にしたいことを我慢したり…
 ・本来すべき何かを犠牲にしたり…

 

せざるを得なかった、となると、

なんのためマイホームか分かりません。

 

そうならないためには、

 

マイホーム購入前に

 

「無理のない住宅購入予算」
「無理のない返済計画」

 

をしっかりと把握することです。

 

あなたの住宅購入相談室でも、

 

「マイホーム予算診断サービス」

 

を提供しています。

 

これは、マイホーム購入予算を、

 

 ・1人1人のご家族構成や購入時の年齢
 ・住宅購入後の家計の収支や貯蓄の推移
 ・購入後の人生設計やお金の使いかた

 

などを踏まえ、老後までの長期的な視点から

算出するサービスです。

 

マイホーム購入後のリスクヘッジの方法として、

是非ご検討下さい。

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

住宅購入後も安心できる、あなたの無理のない

マイホーム購入予算を把握するための

マイホーム予算診断サービスのご案内はこちらから

マイホーム予算診断サービス

 

 

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら

078-202-6717

10:00~18:30 平日・土日《定休:水》
初回相談は無料です(約60分)。お気軽にお問合せ下さい。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。