あなたの住宅購入相談室  > お役立ち情報  > お金の使い方から考える、理想的なマイホーム購入

お金の使い方から考える、理想的なマイホーム購入

理想的なマイホーム購入とは?


 

 

2016年がスタートしました。

 

今年は、オリンピックイヤーですが、

オリンピックといえば、2020年に開催される

東京オリンピックのメインスタジアムとなる

新国立競技場の「予算」や「デザイン」について

2転3転ありましたね。

 

ようやく新たな計画が決定し、総工事費用も

決まったようです。

 

この問題…オリンピック競技施設としての

デザインにこだわる中で、

競技場にどれくらいの費用をかけるか、

オリンピックの予算の使い方が問題となりました。

 

こういったデザインや仕様とコストの問題…

マイホーム購入でも同じ問題が出てきます。

 

「建てたい、あるいは買いたい家がある」として、

それに対して、どれだけの予算をかけるか?

 

 

ヤフー知恵袋なんかを見ていると、マイホーム

購入後に後悔している方…少なくありません。

 

そして、その後悔の原因は…

 

購入した場所や物件などももちろんありますが、

お金の部分で後悔しているという人も少なく

ないです。

 

確かに、住宅は長年に渡って利用するものです。

環境や住み心地、使い勝手、利便性、安全性など

非常に大切です。

 

加えて、マイホームの購入は人生で1回あるか

ないかのライフイベント。

物件選びや家づくりで自分の好みや考え方などに

こだわって購入できないのであれば、理想的な

マイホーム購入といえないのかもしれません。

 

ただ、同時に多くの方が住宅ローンで購入します。

つまり、購入代金の返済という意味でも長年に

渡るもので、全て返済が終了した時点で本当の

意味で自分のものといえます。

 

なので、購入予算や返済方法など、お金の面でも

土地建物くらいこだわらないと理想的な住宅購入

とはいえません。

 

価格重視の方は、値段が決め手になったという人も

おられます。

 

ただ、住宅ローン返済が20年、30年続くことを

考えれば、物件価格だけでなく、それをどのように

返済するかについて理想的な返済方法があります。

 

つまり、住宅の場合、他の商品と異なり、

お金の使い方の面で理想的な購入方法というもの

があるはずです。

 

つまり、本当に理想的なマイホームを手に入れる

ことができたと言えるには、

 

・土地、建物など物件が理想的

 

だけでなく

 

・理想的なお金の使い方ができた

 

というときではないでしょうか?

 

 

そして、この理想的なお金の使い方をした、

と言えるには

 

 ■マイホーム購入予算を間違わない

 ■マイホーム購入後、無理なく生活できる

 ■将来の必要な時期に「資産」となる住宅を購入する

 

ことが必要だと思います。

 

住宅は、貯金や株式などと同じ「資産」です。

理想的な買い方であるかは、

資産価値も含め判断されなければなりません。

 

そして、

将来の必要な時期に資産と言えるには、

住宅を購入するときに、価格が適正かということを

よく考えると同時に、将来の資産性を考えること

住宅を購入した後も、メンテナンスなど維持管理を

しっかりと行い資産性を維持することが必要です。

 

 

マイホームへのお金の使い方が理想的でないと…


 

 

住宅という資産でもある大きな買い物になると、

住宅ローンだけでなく、火災保険、住宅関連の税制、

補助金など関連することは少なくありません。

 

そして、1つ1つの選択や活用方法によって、

 

 

・購入時にかかる費用
・完済し終わるまでのお金

 

は何十万、何百万…ときには1千万円以上、

変わることもあります。

 

同じ家を、

5,000万円で買う人がいれば、

4,000万円で買いました、

という人がいるということです。

 

 

この違いは将来の貯蓄や子どもの教育費、

老後資金にも影響します。

 

マイホーム購入で、理想的なお金の使い方が

できたか否かで、その後の人生や計画が変わります。

 

 

 

理想的なお金の使いかって難しい!?


 

 

ただ、理想的なお金の使い方といっても、住宅ローン

商品や保険、税制など非常にわかりにくいです。

商品を扱う会社同士、その会社の中の商品同士など

それぞれを比較することはなかなか難しく、仮に

できたとしても、かなり時間と労力がいります。

 

家の間取りやデザインは、ある程度はその人の好み

や生活の仕方、予算で決めていくことができます。

 

他方、お金の使い方は、好みではなく購入コストを

削減できればいいわけですが、住宅会社など売り手

の立場の会社の話だけで判断すると、結果的に

無駄な費用をかけたり、必要なサービスが受けれ

なくなってしまいます。

 

なぜなら、お金の使い方に好みはなくても、

予算設定や返済方法は、1人1人の家族構成や経済状況、

購入後の人生設計を踏まえた判断が必要だったり

するからです。

 

とはいうものの、住宅の購入は初めてという方が

ほとんどなので、自分が考える購入の仕方が、

自分にあっているか、損をしていないかという

ことの判断も簡単ではありません。

 

ただ、

これからマイホームを購入しようとする方は、、

 

物件選びや家づくりと同じくらい、

お金の部分でも理想的な購入方法にこだわる

 

という点を意識することで、

本当に理想的なマイホーム購入ができた~と

思えるかもしれません。

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

住宅購入後も安心できる、あなたの無理のないマイホーム購入予算を把握するための

マイホーム予算診断サービスのご案内はこちらから

マイホーム予算診断サービス

お電話でのお問い合わせはこちら

078-202-6717

10:00~18:30 平日・土日《定休:水》
初回相談は無料です(約60分)。お気軽にお問合せ下さい。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。