新年度となって1ヶ月ですが、
住宅ローン商品にも
変化が起きています。

その1つがフラット35です。

 

フラット35は、

民間の金融機関と住宅金融支援機構が
提携して提供する
全期間固定型の住宅ローン商品です。

 

ちなみに、

4月の適用金利は、1.12%となっております。
(融資率9割以下・返済期間21年以上35年未満)

 

フラット35S金利優遇幅の変更

 

このフラット35に加え、
フラット35Sという商品があります。

 

フラット35Sは、
フラット35の建物の技術基準に加え、
省エネルギー性や耐震性など
優れた住宅を取得する場合に、
フラット35の借入金利を
一定期間引き下げる商品です。

 

購入する住宅の性能基準によって、
AタイプとBタイプがありますが、

・フラット35S(Aタイプ)

⇒当初10年間の金利が0.3%優遇

 

・フラット35S(Bタイプ)

⇒当初5年間の金利が0.3%優遇

 

されます。

 

ただ、

この優遇幅が今年10月から変わります。

 

今年10月1日以降申込分
フラット35Sについては、

 

優遇幅が、0.3%から0.25%に引下げとなります。

 

フラット35(子育て支援型・地域活性化型)

 

さらに、2017年度新たに、
フラット35の子育て支援型・地域支援型
という制度ができました。

 

簡単にいうと、
子育て支援や地域活性化、
コンパクトシティ形成などの施策を
積極的に実施する地方公共団体が
財政支援を行うことにより、
一定の要件に該当する住宅の金利を
引き下げるものです。

 

住宅金融支援機構のHPを見ると、
対象となる住宅取得として

 

1、若年子育て世帯による既存住宅の取得
2、若年子育て世帯、親世帯等による同居のための住宅取得
3、若年子育て世帯、親世帯等による近居のための住宅取得
4、UIJターンによる住宅取得
※UIJとは大都市から地方への移住する動き
5、居住誘導区域内における住宅取得
※居住誘導区域については、こちらを参照ください

 

という要件が書かれています。

 

具体的要件は、地域の実情を踏まえ
設定するとしています。

 

このフラット35(子育て支援型・地域活性化型)の
金利の引下げ幅は、

当初5年間の金利を0.25%引下げ

 

また、この金利引下げは

フラット35Sとも併用できます。

 

つまり、

フラット35S(Aタイプ)の性能基準を
満たす住宅を、
新しいフラット35の要件を満たして
購入する場合は、

 

・当初5年間:

0.3%(フラット35S)+0.25%(子育て支援・地域活性化)
0.55%

・6年~10年目:0.3%(フラット35S)

 

の優遇が受けられるということです。

 

 

今月のフラット35の金利水準(1.12%)で言うと、

適用金利が

 ・当初5年間:1.12-0.55=0.57%
 ・6~10年目:1.12-0.3%=0.82%
 ・11年目以降:1.12%

となるということです。

 

最初の5年間は通常の金利の半分の水準になりますね。

 

ちなみに、

3,000万円を25年返済(元利金等)で借入した場合、
総返済額は、
通常のフラット35で34,409,523円なのに対し、
上の金利優遇を受けられると、33,032,064円となり、
その差は、13,377,459円となります。

 

大きいですね。

 

子育て支援型・地域活性化型については、
来年3月までの受付期間となっておりますが、
予算が終了次第受付期限前でも終わりとなるようです。

 

証明書の提出など一定の手続きも必要です。

 

今の低金利の時代に、変動ではなく固定、
できれば全期間を固定して、
将来の金利上昇や返済リスクをなくしたい
と考えられる方も少なくありません。

フラット35の新制度変更も参考にしてみてください。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
住宅購入後も安心できる、あなたの無理のない
マイホーム購入予算を把握するための
「マイホーム予算診断サービス」はこちらから

マイホーム予算診断サービス