あなたの住宅購入相談室  > お役立ち情報  > 10年固定金利タイプの正体 ~固定期間選択型≒変動金利型~

10年固定金利タイプの正体 ~固定期間選択型≒変動金利型~

 固定期間選択型商品を選ぶ割合


 

住宅ローンの金利タイプは、

大きく分けて3つあります。

 

 ・変動金利型
 ・全期間固定金利型
 ・固定金利期間選択型

 

この中で、固定期間選択型とは、

借入当初からの一定期間の金利を

固定するタイプの住宅ローン商品で、

その固定期間も

3年、5年、7年、10年、15年、20年など

金融機関によって取扱う商品も異なります。

 

 

「住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」
(平成26年度国交省)

 

によると、

住宅ローン金利タイプ別の

貸し出し実績傾向をみると、

 

 ・変動金利型 50%
 ・固定期間選択型 35%
 ・全期間固定金利型その他(15%)

 

となっております。 
    ※新規貸出額ベース

 

貸出額ベースではありますが、

およそ1/3の方が、

固定期間選択型の商品を

選ばれています。

 

 

さらに、

その固定期間選択型の内訳をみると、

 

 ・10年固定を選択:65%
 ・10年より短い固定期間を選択:30%

 

と10年以下の固定期間を選択する方が

95%を占めている状況です。

 

銀行の主力商品が10年固定と言われますが、

10年もしくはそれ未満の固定期間の商品を

選ぶ人が多いということです。

 

 

 

 固定期間選択型の商品を選ぶ理由


 

では、

固定期間選択型の商品を選ぶ人は、

どういった理由で選ばれるんでしょうか?

 

 ・変動金利と全期間固定金利、どちらか一方に
  決めきれない方がその中間的な選択として…

 ・当初固定期間の金利が大幅に優遇されるから…

 ・固定金利と変動金利のメリットを両方もつ
  という商品説明を聞いて…

 

など理由はいろいろ考えられますが…

 

このような理由で選ぶと…

危険かもしれません。

 

…というか危険です!

 

 

例えば、

当初10年固定商品を説明すると、

 

「最初の固定期間10年間、

返済額は変わりません。

そして、

11年目以降、金利も毎月の返済額も

どうなっているか分かりません。」

 

となります。

 

確かに、

10年間の固定期間が終了した時に、

再度、

固定期間選択型の選択をできます。

 

そう考えれば、

 

10年固定期間終了後も

固定金利を選択でき、

毎月の返済額を確定させることが

できないわけではありません。

 

ただ、変動金利だけでなく

10年後、固定期間選択型商品の金利状況が

どうなっているかは分かりません。

 

最初の固定期間が終了した後、

再度の固定期間選択型の商品を選択すると

いっても、

再度固定できないくらい

高い金利水準になっている可能性もある

ということです。

 

つまり、

 

固定期間選択型の商品は、

固定期間終了後の適用金利については、

変動金利を選択しているのと

変わらないということです

 

 

住宅ローンの返済は20年、30年続きます。

10年未満の固定期間を選択した場合、

固定期間終了後の返済期間は、

 

変動金利もしくはそれより高い金利の

固定金利再度選択する可能性がある、

 

ということです。

 

なので、もし、

変動金利の金利上昇リスクを考えて

それを少しでも軽減するつもりで

固定期間選択型の商品を選ぶのであれば、

本当にリスク軽減になっているかを

十分に見極める必要があります。

 

 

私は、固定期間選択型商品を

否定するつもりはありません。

 

場合によっては、

積極的に固定期間選択型の商品を

お薦めすることもあります。

 

ただ、

この金利タイプを選択するのであれば、

 

固定する期間含め、

その商品を選ぶ理由が必要

 

と考えます。

 

10年固定金利商品を選ぶ理由として、

 

10年後…

 

 ・お子様が独立されて教育費から解放される
 ・奥様が仕事復帰される予定(世帯収入が増える)
 ・まとまったお金が入る(繰上げ返済できる)

 

などあるかもしれません。

 

 

 

 固定期間の金利タイプも住宅購入後のライフプランから考える


 

ただ、私は、

固定期間選択型を商品を選ぶなら、

 

何年固定にするかも含め、

住宅購入後の老後までのライフプランや

家計のキャッシュフローで貯蓄推移など

確認のうえ決めるべきだと思います。

 

例えば、

住宅を購入される年代で多いのは、

30代後半~40代前半です。

※平成25年度住宅市場動向調査

 

一概には言えませんが…

住宅購入時の子供の年齢を5歳から10歳

くらいとすると、

購入から10年というと子供が大きくなり、

いよいよこれから一番お金がかかる

という時期かもしれません。

 

そのタイミングで

10年間の固定期間が終了し、

なおかつ金利が上昇していて、

毎月の返済額が上昇するとなると、

家計や子供の教育費への影響は少なく

ありません。

また、子どもの教育費だけでなく、

リタイア後の老後資金にも影響します。

 

金融機関の主力商品である

10年固定商品は、優遇幅も大きく、

借入時点ではお得に感じるかも

しれません。

 

そして、

人は誰でも先のことを想像したり、

考えたりすることは苦手ですし

面倒です。

 

ただ、

そういった固定期間選択型商品を

選ばれるのであれば、

当初固定期間だけを見るのではなく、

その後それ以上に長い期間の

金利変動リスクがあることも

十分に認識したうえで判断ください。

 

固定期間選型の商品は、

固定期間にもよりますが、

 

“もう1つの変動金利タイプの商品”

 

という考えで検討するのが

良いかもしれません。

 

»»»関連記事«««

当初〇〇年固定、固定期間選択型住宅ローンの注意点

とても大切!! 住宅ローンの返済期間・返済計画

【住宅ローン金利】変動?固定?~変動金利を検証してみる~

【住宅ローン金利】変動?固定? ~固定金利を検討してみる~

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

あなたの住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表

から算出する無理のないマイホーム購入予算を把握する

「マイホーム予算診断サービス」は、こちらから

マイホーム予算診断サービス

 

お電話でのお問い合わせはこちら

078-202-6717

10:00~18:30 平日・土日《定休:水》
初回相談は無料です(約60分)。お気軽にお問合せ下さい。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。