2020年省エネ基準義務化

2020年といえば…
東京オリンピック!!ですが、

実は住宅業界でも1つ大きな動きが
予定されています。

ご存じの方もいらっしゃるかも
しれませんが、

「2020年省エネ基準の義務化」
というやつです。

 

今、地球規模でCO2削減が求められて
います。

その中で住宅の省エネ化も重要!!
というわけです。

特に日本は先進国の中でも、欧米諸国と
比べて住宅の省エネ性能に関して、
これまで非常~に遅れています。

日本も省エネ基準の改正もしてきましたが、
これまでは努力目標!みたいな感じで
強制ではありませんでした。

それが、ついに、2020年、
一定の省エネ基準が義務化される予定です。

 

必要とされる省エネ基準

では、
必要とされる省エネ基準って
どんなものなんでしょう?

少し専門的な話になりますので
本当に簡単に概略だけ言います。

 

これまでの省エネ基準は、
室内と室外を分ける、
窓などの開口部・外壁、屋根・天井、
床、基礎など、

これらの総称を「外皮」といいますが、

この外皮の性能
つまり、
断熱性や日射遮蔽性が省エネ性能の基準
とされてきました。

ただ、
2020年に義務化予定の基準は、
この外皮性能に加え、

「一次エネルギーの消費量」

という基準が加わりました。

この「一次エネルギー」というのは、

化石燃料、原子力燃料、水力、太陽光などから
得られるエネルギーを指し、
これらを変換・加工して得られる
エネルギーが、電気・ガス・灯油など
「二次エネルギー」といいます。

省エネ性能を判断する際は、
この二次エネルギーを
一次エネルギー消費量に
換算して評価します。

つまり、
2020年義務化予定の省エネ性能は、

建物自体の断熱性能だけでなく、
エネルギー消費量を抑えたり、
エネルギーを創り出し、貯蓄する能力
も評価しますよ~

となったということです。

太陽光発電などでエネルギー創る性能…
冷暖房設備や換気、照明、給湯など
設備の性能を向上し、
エネルギーを抑える能力…が
求められるということです。

その他詳しく知りたい方はこちらを参照ください。

 

住宅の資産価値にも影響!?

少なくとも2020年に
その法律が施行されると、
この省エネ基準を満たした住宅しか
作れないということになります。

ただ、
これは2020年以降に家を作る
人だけの問題ではありません。

それまでにマイホームを購入する人にも
無関係ではありません。

2020年に省エネ性能が義務化されると、
それ以降に建てられる新築住宅は、
全て一定の省エネ基準を備える、
ということなので、

今後日本の住宅の省エネ性能について、
それが標準仕様になっていくことに
なります。

つまり、流通する住宅市場で、

義務化された省エネ性能をもつ住宅と
持たない住宅と
明確に分かれる

ということです。

これまでは、努力目標であり、
施主が省エネ性能をどこまで求めるか~
という違いにすぎなかったものが、
2020年以降、国の省エネ基準に
適合する住宅と適合しない住宅に
分かれます。

そして、これは
住宅の資産価値にも影響してくる
ことが考えられます。

確かに、
これから新築住宅の着工件数は、
少なくなっていく見込みであります。

国も中古住宅の流通を活性化させる
施策をいろいろと考えています。

 

また、住宅の資産価値は、建物だけでは
ありません。
建物以上に土地が重要です。

特に、日本の場合、
建物に対する資産価値の評価は、
実際の耐用年数は別にして、
20年、30年たつと相当低くなります。

ただ、
今後も新築住宅は作られ続けるわけで、
市場には新しい省エネ基準を備えた
住宅が徐々に増えていくわけです。

いつ資産価値が問題になるか、
にもよりますが、


住宅の資産価値に影響がない、
ということは考えにくいです。

なので、
これからマイホームを
新築もしくは購入するという方は、
2020年の省エネ性能義務化という
法改正も踏まえて、
物件選びや家づくりを考えるほうが
よいと思います。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表
から算出する無理のないマイホーム購入予算を把握する
「マイホーム予算診断サービス」は、こちらから

マイホーム予算診断サービス