あなたの住宅購入相談室  > お役立ち情報  > 最終的に一番有利な住宅ローン商品を利用するには?

最終的に一番有利な住宅ローン商品を利用するには?

 毎月変わる住宅ローン金利


 

先日、あるお客様の住宅ローン審査OKの回答が

金融機関からありました。

 

それはそれで良かったのですが、次に問題となる

のは、実際に適用される金利が何%になるか、

ということです。

 

適用金利が決まるのは、多くの金融機関が

融資実行時としています。

 

ただ、そのお客様が希望する住宅ローン商品は、

契約時点でした。

 

なので、手続きにかかる時間も計算しつつ、

契約を9月中にするか10月にするか、買主さんと

話し合いました。

 

9月から10月にかけて金利が上がりそう…と

判断すれば、無理しても9月中に契約すべき

なのかもしれませんが…

 

毎月変わる可能性のある住宅ローン金利に

ついて、色々な情報から予想することは

できてもどうなるかは分かりません。

 

最終的には、お客様自身のお仕事も忙しく、

10月に契約をするということになりました。

 

実際にマイホーム購入の手続きを初めて、

最初に資金計画を考えてから、実際に

住宅ローンの融資実行まで数か月先と

いうことも少なくありません。

つまり、金利の変わり方によっては、

当初の資金計画や返済計画と大きく異なる

可能性があります。

 

ちなみに、その方は、当初20年固定金利

タイプの商品を希望されていました。

住宅ローンの金利動向に影響を与えるもの

として、

 

 ・変動金利
 ・固定期間が10年未満の期間選択型商品

  ⇒短期金利(短期プライムレート)に連動 
 

 ・全期間固定商品
 ・固定期間が10年超える期間選択型商品

 ⇒長期金利(10年物国債利回りなど)に連動
  

 

など金利タイプによって異なるといわれます。

 

また、住宅ローン金利は、短期金利や長期金利

に連動するだけなく、各金融機関の営業的な

部分にも左右されます。

そうすると、ある金融機関では金利が上がっても、

別の金融機関では上がらない、もしくは、殆ど

変わらないということも起こります。

 

 

 

 

 一番有利な住宅ローン商品を利用するには


 

では、金利が毎月変わる住宅ローン商品で一番

有利な住宅ローン商品を利用するにはどうすれば

いいんでしょう?

 

方法として考えられるのは、

複数の住宅ローン商品を申し込むことです。

 

私は、お客様に住宅ローン商品を提案させて

頂くとき、

 

その方のご家族構成や収支の状況などから

住宅ローン返済に対するリスクを考えながら、

その中で、諸費用も含めた総返済額が一番

少なくできるということを、住宅購入後、

老後までの長期的な視点で判断して提案

させて頂いています。

 

当然、住宅ローンの適用金利が変わると

総返済額も変わりますので、なるべく有利な

商品を利用できるように複数の商品について

比較提案させて頂きます。

 

そして、いくつかの住宅ローン商品を申込み、

実際に金利が適用されるタイミングで、一番

有利な商品を選択するという方法をとります。

 

1つの金融機関だけで住宅ローン審査がいけるか

分からないため、保険的な意味あいで複数の住宅

ローン商品を申し込むこともあります。

 

ただ、融資実行時の一番有利な住宅ローン商品を

選択する、という意味でもあえて複数の商品を

申込むこともありです。

 

確かに、複数の住宅ローン商品を申し込むのは面倒

ですし、商品を比較する手間や時間もかかります。

 

ただ、そうすることによって、あとあと返済額が

何百万円と変わる可能性もあります。

 

住宅会社さんや仲介会社さんで薦められた

商品1本だけで決めるとあとあと後悔するかも

しれません。

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

あなたのご家庭にとって無理のないマイホーム購入予算を把握するための

マイホーム予算診断サービスのご案内はこちらから

マイホーム予算診断サービス

お電話でのお問い合わせはこちら

078-202-6717

10:00~18:30 平日・土日《定休:水》
初回相談は無料です(約60分)。お気軽にお問合せ下さい。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。