あなたの住宅購入相談室  > お役立ち情報  > 住宅購入予算の決め方 ~絶対評価と相対評価~

住宅購入予算の決め方 ~絶対評価と相対評価~

 絶対評価と相対評価


 

もう10年くらい前ですが、

一度だけハーフマラソンに出ました。

 

その時の私の目標が2時間を切ること…

あまり高い目標でもなかったんですが、

 

結果……2時間10分。

 

目標には届きませんでした。

 

そして、その時の順位が、

 

参加者280くらいのなか210

 

くらいだったような気がします。

 

走り終わって…初めてのマラソン大会で

完走できた~という達成感もありましたが、

それ以上に2時間をきれなかったことが、

悔やまれました。

 

一方で、

280人中210位という順位については、

ほとんど気になりませんでした。

 

これは自分のなかで、

一番重要な目標が、

2時間をきるぞ~」ということだった

からだと思いますが…

 

この「2時間」という目標に対する評価を

「絶対評価」と言います。

 

私の場合、10分足りませんでしたが…

 

 

絶対評価を言い換えると、

「2時間」という回りのレベルや環境に

左右されない

 

「確立された絶対的な目標」

「自分だけが大切な目標」

 

に対する評価です。

 

一方、

280人中100番以内に入るぞ~」

という目標に対する評価を

「相対評価」と言います。

 

これは、周りの環境や集団の中で、

自分がどの位置にあるかという評価であり、

周囲の環境・実力(レベル)によって

変わるものといえます。

 

 

 

 相対的な予算に合わせたマイホーム購入


 

例えば、

Aさんがマンションを購入するとして、

物件探しの条件は、以下のように決めています。

 

【予算】
 
4,000万円まで

【希望エリア】
 神戸市東灘区か灘区。
 JR
神戸線沿線で徒歩10分以内

物件】  
 3LDK80㎡以上・築15年内

 

 

しかし…、

なかなかいい物件が出てきません。

 

 

仲介会社の方は、Aさんの優先順位を

聞きながら、最初の条件とは少し違う

物件もいろいろ紹介してくれます。

 

 

そして、最終的にAさんは、

 

【予算】4,500万円
【購入エリア】六甲道駅徒歩8
【物件】3LDK・82㎡・築16

 

という物件を購入しました。

 

 

Aさんの希望するエリアで

希望する条件の物件を買おうとすれば、

予算として4,500万円必要だったとすると、

結果的に自分の購入予算4,000万円を

相場(4,500万円)合わせたという

感じです。

 

 

 

 購入予算を決める基準は「絶対評価」


 

ただ、

Aさんにとって無理のない購入予算が

4,000万円だった場合、

4,500万円の物件を購入するというのは、

明らかに予算オーバーです。

 

何が言いたいかというと、

 

Aさんにとって、

4,000万円という予算は、

絶対的な目標であり

そこを守るとことは

「絶対評価」にあたるということです。

 

つまり、

周囲の物件の価格や相場に関係なく、

Aさんに自身にとって重要な評価、

といえます。

 

一方…

 

4,500万円という価格は、

反対に「相対的」な価格です

つまり、周りの物件の価格や相場(環境)に

左右される価格といえます。

 

そこに合わせるということは、

「相対評価」を優先してしまった

ということです

 

しかし、

 

 マイホームの予算設定で大切なのは、

「絶対評価」です。

 

なぜなら、

マイホーム購入予算は、

1人1人違って当たり前だからです。

 

つまり、

1人1人の収入や支出、家族構成やライフプラン

などによって、

住宅購入に当てられる予算は異なるという

ことです。

 

 

 

 

 なかなかいい物件が見つからないとき…


 

まず、大前提として、

「自分の無理のない予算を把握する」

ことが必要なんですが、

 

住宅という商品は他の商品と違って、

自分の予算で希望する条件の物件が、

必ず手に入るとは限りません。

 

自分の予算で希望に合う物件が、

なかなか見つからない、

ということもよくあることです。

 

そして、

どうしても物件が見つからない~

という場合、

自分が希望する条件のなかから、

何か妥協しなければならないものです。

 

ただ、そのとき…

 

予算を上げるという妥協の仕方はダメです。

 

つまり、予算を上げて

対象となる物件を増やすということです。

 

最初に決めた予算を変えるべきではありません。

 

なぜなら、

 

マイホームの購入予算は、

その人にとって重要な「絶対的な目標」であり

周辺の相場(相対的な目標)に合わせる

ことになってしまうからです。

 

11人予算が違う以上、

周りの相場を基準に予算を上げても

仕方がありません。

 

ただ、実際にマイホーム探しを始めると、

 

周りの相場や取引価格に引っ張られそうになる

 

ことはあります。

 

その時、あくまでの自分にとっての基準、

「絶対評価」を大切にしましょう。

 

住宅購入予算は、マラソンの目標でいうと、

「順位」は関係ありません。

 

自分が決めた「目標タイム(時間)」が大切です。

 

»»»関連記事«««

どうやって決める?あなたの『マイホーム予算』

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

あなたの住宅購入後のライフプラン・キャッシュフロー表

から算出する無理のないマイホーム購入予算を把握する

「マイホーム予算診断サービス」は、こちらから

マイホーム予算診断サービス

 

お電話でのお問い合わせはこちら

078-202-6717

10:00~18:30 平日・土日《定休:水》
初回相談は無料です(約60分)。お気軽にお問合せ下さい。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。