【西宮市 30代公務員 Iさん】

相談の経緯

子どもが小さく、夫の年収でどれくらいの家が建つのか分かりませんでした。
親の土地があり、その上に建物を新築する計画と違う場所に家を購入する計画がありどちらにすべきか悩んでいました。
親の土地に家を新築するほうが経済的には負担が少ないと思いましたが、環境的には親の土地以外の場所に住みたいと考えており、マイホームにかけられる予算を知りたいと思い相談しました。

 

相談のポイント

1、お子様(2人)の教育費を踏まえ、無理のないマイホーム予算を知ること

2、予算次第で購入物件、資金計画がどのように変わるかを知ること

3、生活環境だけなく将来のライフプランや資産価値などを考えて購入する場所も選択する必要があること

 

相談結果

マイホーム予算については、ご計画されている予算でも十分に返済可能であることが分かりました。
お子様も2人いらっしゃいましが、計画されていた予算より300万円ほど予算が高くても問題はないという判断でしたので、購入物件の選択肢の幅が増えたのではないかなと思います。
生活環境だけなく通勤や通学、お子様の教育環境なども考え、どこに住むかと考えますが、一方で将来のライフプランとして引越しや移住、売却なども考えられるのであれば、資産性も考慮して住む場所を決めるほうがベターであることをお伝えしました。

 

コメント

今回ごケースでは、購入予算次第によって、土地を購入するか親御様の土地に建物を建てるか判断に影響する状況でした。
ですので、マイホームの予算診断でもヒアリングさせて頂いた内容より少し厳しめの条件で予算を出させて頂きました。

場合によっては奥様も働かれるということでしたが、その点は考慮せず予算を出しましたので、奥様が働かれた分は余裕ができると思います。
ただ、住宅購入は購入予算や返済計画などだけでなく、物件選びや住む場所もご家族の人生設計(ライフプラン)によって決める必要があり、総合的に判断することをおすすめしました。